自分のためのお弁当だから、人目を気にせず、気の向くままに。好きなものだけを詰め込んだっていいし、おかず2品だってもちろんOK!

 つむぎやのマツーラユタカさんが、マイ弁当のための楽ちんレシピを考案してくれました。

餃子の皮deサモサ!
お手軽なのに本格的な味わい

 夏本番ってことで、お弁当もスパイシーなインド仕様で楽しんでみませんか。

 インドの定番スナックであるサモサは、餃子の皮でお手軽に。本来具材は、じゃがいもやレンズ豆、羊のひき肉などをあわせたものでタネを作るわけですが、手に入りやすい押し麦や鶏ひき肉で作るのもよし。

 豆やじゃがいもの代わりに押し麦を使うことで、ゆで時間は短く、しかも食感も豊かに。本家のサモサよりも簡単で、本格的な味わいで、ついついビールが欲しくなってしまうかも!? 

 食べごたえもあって、冷めてからもおいしいので、お弁当にもオススメなんです。

 付け合わせにはインドの前菜、キャベツのアチャールを。ホールスパイスで油を熱して、香りをつけたオイルを馴染ませたあえものは、簡単だしいろいろな野菜に応用できる料理。夏の間、ぜひいろいろな野菜でお試しくださいませ。

2019.08.10(土)
文=マツーラユタカ(つむぎや)
撮影=佐藤 亘