穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。


◆「高野豆腐」のマクロビレシピ

高野豆腐のフライ

 揚げ物シリーズ3回目は冬野菜と同様に、寒い季節にこそ食べたい食材「高野豆腐」を使ったレシピをご紹介します。

 マクロビ的に、高野豆腐を含む乾物類は、風や天日に当てて水分を抜いて乾燥させる過程で、もともと含まれている植物性蛋白質や食物繊維、ビタミンやミネラルがギュッと凝縮され、それらが体を温める陽性の食材と考えられています。

 今回はメインディッシュにもなる、ボリューム満点でサクサクの食感がおいしいフライに仕上げます。

 フライと言うと高カロリーで高脂質と思われがちですが、高野豆腐自体は低カロリー、高タンパクの食材の上、油を吸収しにくいという特徴があります。コクを出すために下味にオリーブオイルを使っていますが、気になる方は控えて、代わりに豆乳の量を増やしてみてください。

 また卵を使わずに衣づけするコツも覚えてくださいね。

2018.12.25(火)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!