穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

高野豆腐のロール「白菜」

 旬の白菜で、薄くスライスした高野豆腐をくるくると巻き込むロール白菜を作ります。今回は手軽に市販のスープストックで煮込んで一皿料理として仕上げていますが、他にも鍋物に、おでんの具に、シチューにと、色々な煮込み料理に使うことができます。冷凍保存ができるので、まとめて作っておけば便利。それぞれのご家庭の味でお気に入りの食べ方を見つけてみてくださいね。

 高タンパク、低カロリーの高野豆腐はお肉に負けないボリューム感で食べごたえも十分。何といっても煮汁がたっぷり浸み込んだ高野豆腐と、白菜のおいしさは格別。寒い冬におすすめの一品です。

【旬の食材】白菜

 「白菜」はキャベツと同じアブラナ科の野菜。栽培が発達したのは中国で、東洋の代表的な野菜の一つです。昔から胃腸の余分な熱を冷まし、便通を良くする、また酒の毒を消す働きがあると考えられてきました。

 マクロビ的には、寒い地方で育ち土に根付くので中庸(陰と陽の中間)のエネルギーを持つと考えられており、積極的に摂りたい食材です。

 その大部分が水分ですが、ビタミンCが多く美肌や風邪の予防、免疫力アップに効果的。またカリウムも多いため、利尿を促し、むくみを改善するほか塩分を排出して高血圧予防にも役立ちます。

 年末年始はお酒を飲む機会も増え、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまう方も多いはず。味付けの濃い料理を食べたあとや飲み過ぎた翌日には、旬の白菜料理を取りいれたセルフケアがおすすめです。

 できればカットされたものではなく1玉丸ごと手に入れて、お漬物、サラダ、鍋物、スープと色々な料理に使ってたくさん食べてくださいね。

<次のページ> 「白菜」のマクロビレシピ

2015.12.30(水)
文=中村恭子
撮影=秋元良平

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!