イタリアのかかとに位置するプーリア州の魅力は、古都レッチェ以南にも溢れている。海沿いの小さな街々の情景、歴史ある地の詩的な美しさ。そして、食もまた海の香りがいっぱいだ。サレントの海岸の魅力を存分に味わおう。


壮大な聖書物語を描いたモザイクは圧巻

Otranto(オートラント)

かつては東方からの重要な玄関口だった港。

 オートラントは、かつて東方からの玄関口としてローマ帝国時代以前の紀元前3世紀ごろから15世紀ごろにかけて繁栄した港町だ。中世、十字軍の船団もこのオートラントやブリンディシの港から出立した。

白い壁と強い陽射しが地中海らしい雰囲気。

 旧市街は、「イタリアの最も美しい村」に選ばれており、素朴で牧歌的な海辺の街の魅力を醸しだしている。一方では、堅固な城塞都市の古跡が今もあちらこちらに見られ、のどかな情景とのギャップが印象的だ。

オートラント大聖堂。昼時には一時閉まるので要注意。

 そして、ぜひ大聖堂も訪れたい。壮大な聖書物語が描かれた床一面700平方メートル以上ものモザイクは圧巻だ。

Feature

レッチェから南下
心洗われる海に戯れる

Text=Kumiko Asaoka
Photo=Atsushi Hashimoto
Coordination=Discover Salent

この記事の掲載号

南イタリアの誘惑

CREA Traveller 2018年夏号

異国情緒が溢れる、つま先とかかと
南イタリアの誘惑

特別定価1,200円 (税込)

詳しくは
こちらへ

CREA Traveller 2018年夏号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在は異なる場合があります。