外遊びの必需品といえば、テントとタープ。各々用途が異なり、テントが“寝室”だとしたら、タープはみんなが集まって寛いだり、食事をしたりする“リビング”のような存在です。どちらも選ぶポイントは、軽くて持ち運びしやすくデザイン性が高いもの。スタイリストの白男川清美さんが、おすすめのアイテムをご紹介。

» 第1回 テント
» 第3回 ハンモック

 その場で簡単に作れる“野外リビング”は、張り方をアレンジすれば色々な形になる。

インテリアの延長線上で使える!

◆ノルディスク
「カーリ」

 

W400×D510cm 6.87kg Kari 10 Diamond Basic Cotton 42,000円/ノルディスク ジャパン

 水に強いコットン素材を採用したモデル。7畳ほどの広さなので、大人数でのキャンプにも使える。

白クマのイラストが目印。

「コットンならではのほっこりとした雰囲気に癒されます。寝室(テント)は最新モデルで、リビング(タープ)はレトロなデザイン、という使い分けもおすすめ」(白男川さん)

ノルディスク ジャパン
電話番号 03-6885-8206

<次のページ> アウトドアシーンに映える空色

2018.05.31(木)
Text=Shiho Kodama

CREA 2018年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

アウトドアのいいもの150。

CREA 2018年6月号

OUTDOOR, BEST OF BEST 150
アウトドアのいいもの150。

定価780円

「この特集に、もっと早くに出会いたかった!」。一冊を作り終えた現在の心境です。目の前の6月号には、「自分で作った雑誌に、かつてこれほど付箋をつけたことがあったかな」と驚くほどの量の付箋が……。もう、欲しいものばかり。〈アウトドアのいいもの〉が教えてくれた、「徹底的に機能性を考えるとデザイン的にも洗練される」という発見。今年いちばんワクワクしました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!