軽量でコンパクト。それでいてしっかりと掃除できるアイテムと言えば、スティック型クリーナーですよね。キャニスター型クリーナーに比べ、コンパクトだからテレビやタンスの裏や、壁とのすき間などの狭い場所、階段などの掃除しにくいところでもサッと使えて便利なアイテムです。

 そこで今回注目するのは、超軽量・コンパクトなツインバードのコードレススティック型クリーナーです。

あえて「紙パック式」を採用した理由は?

ツインバード「コードレススティック型クリーナー TC-E261S」
オープン価格(実勢価格約30,000円/税抜)
http://www.twinbird.jp/products/tce261.html

 「TC-E261S」は、紙パック式のコードレススティック型クリーナーです。吸込仕事率70ワットのパワーを保ちつつ、重さ1.5キロと、業界最軽量(パワーブラシ付きパック式DCクリーナーにおいて)を実現したことが特徴。掃除機というより、モップ感覚で使いたいときすぐに使うことができます。

 最近のスティック型掃除機は「サイクロン式」が多いですが、「TC-E261S」は、あえて「紙パック式」を採用しています。「サイクロン式」は、ゴミを捨てる時にどうしてもホコリが舞ってしまう。一方、「紙パック式」は、手を汚さずに処理できます。実用性を考え、「紙パック式」を選んだとのこと。

 この紙パックはボタンを軽く押すだけで取り出すことができ、そのままゴミ箱に捨てるだけ。ホコリやチリが舞う心配もないので、子どもがいる家でも安心して使えますね。

 また、本体と一緒に12枚の紙パック(約1年分)が付属。紙パックの交換目安は1カ月に1回ペースなので、買い足しは2年目以降からでOK! 紙パックは家電量販店で販売を予定しており、価格は12枚入りで1,200円(税抜)。

<次のページ> 部屋の隅や家具の脚周りの掃除に便利

2018.05.27(日)
文・撮影=善村苑香

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!