毎日こつこつ丁寧にパンを作り続けてる“作り手の顔が見える”パン屋さん。これまで1000軒以上のパン屋さんを食べ歩いてきた入江葵さんは、それを“クラフトベーカリー”と呼んでいます。焼き立てを買いにいきたくなる、東京の名店を紹介してもらいました。

» 第1回 毎日通いたい! 実力派ベーカリー
» 第2回 本場パリの味と香りを伝える

地元の人たちに愛される存在

◆[瑞江]コーデュロイ

 知り合いのパン屋さんに教えてもらった下町のクラフトベーカリー。住宅街にぽつんとあって、地元の方々に愛されてます。

左:くるみと山ぶどうとクリームチーズ 220円(税込)はチーズと山ぶどうの酸味が好相性。
右:メロンパン 160円(税込)は卵不使用でアレルギーに対応。

 パンはどれも小ぶりの食べきりサイズ。食パン、ロールパン、クロワッサンをはじめとしたベーシックな食事パンから、総菜パンやおやつパンまで、どれを食べてもはずれなし!

コーデュロイ
所在地 東京都江戸川区南篠崎町2-3-4 サンパークサイド1F
電話番号 03-6638-8303
営業時間 7:00~18:00(売切れ次第終了)
定休日 火、水曜
https://blog.goo.ne.jp/corduroy-bakery

●教えてくれたのは……
入江 葵(いりえ あおい)さん[BREAD LAB主宰]
「青山パン祭り」の企画・運営を手がけるほか、セミナーやワークショップ講師、書籍・ウェブ執筆などを通してパンにまつわる情報を発信している。

2018.05.15(火)
Text=Etsuko Onodera
Photographs=Kaoru Yamada

CREA 2017年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

東京ひとりガイド。

CREA 2017年6月号

世界で一番楽しい街は東京でした。
東京ひとりガイド。

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!