木の葉を揺らす風の音に耳をすまし、何もしない贅沢な時間を楽しむ。忙しない日常の疲れを癒しに、大自然の中の宿へ出かけてみませんか。ありのままの自然に囲まれたネイチャーホテルを、国内外から10軒ご紹介。

他のネイチャーホテルを見る

木々のざわめきや
鳥の声が響く原始の森

[北海道]
◆チミケップホテル

北海道東部に位置するチミケップ湖。周囲7㎞程の小さな湖は、自然の姿そのままに静寂の時を刻む。

 原始の自然が残る、北海道の秘境・チミケップ湖。湖のほとりには天然記念物のクマゲラなどの野鳥やキタキツネ、エゾリスなどが数多く生息する。この水と緑に囲まれた地に、小さなオーベルジュがぽつんと建っている。

全7室の小さな宿。テレビやラジオ、時計のない空間で心からリフレッシュできる。
ホテル敷地内の桟橋から漕ぎ出すカヌー。鏡のように自然が映り込む湖面は思わず見惚れる美しさ。

 大自然に包まれた宿の周りには、魚の跳ねる音、鳥のさえずり、風の音のみが響き、日々の喧騒から完全に隔絶された世界が広がっている。この静けさを求めて、各地から人々がホテルを訪れる。

ディナーは季節ごとに収穫した食材によって変化する。「Voyage」「Hommage」「Specialite」の3コースから選択可能。
混ぜて食べることで完成するデザート。

 また、美しい景観だけでなく、海外の名だたるレストランで修行を重ねた渡辺賢紀シェフによる、地元の食材をふんだんに取り入れた独創的なフレンチも評判だ。

吹き抜けの広々としたレストランでは、ランプの暖かな光に癒される。
暖炉を取り囲むようにソファーが配されたフロント。

 食事の後は、湖面に写りこんだ満天の星を眺めに、テラスへ出てひと休みしてみるのもおすすめだ。

天気のよい朝にはシマリスが訪れるテラス。神秘的なチミケップ湖が一望できる。ここで時間を気にせず、“何もしない”ことの贅沢を味わうのもよい。

チミケップホテル
所在地 北海道網走郡津別町字沼沢204番地
電話番号 0152-77-2121
チェックイン/アウト IN15:00/OUT10:00 
1室2名料金(1名あたり) 1泊2食付 16,000円~
客室数 7室
交通 JR北見駅より車で約40分
※11~4月は、北見駅もしくは女満別空港より送迎あり(要相談)
http://www.chimikepphotel.com/

2018.05.07(月)
Text=Mayumi Amano

CREA 2018年6月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

アウトドアのいいもの150。

CREA 2018年6月号

OUTDOOR, BEST OF BEST 150
アウトドアのいいもの150。

定価780円

「この特集に、もっと早くに出会いたかった!」。一冊を作り終えた現在の心境です。目の前の6月号には、「自分で作った雑誌に、かつてこれほど付箋をつけたことがあったかな」と驚くほどの量の付箋が……。もう、欲しいものばかり。〈アウトドアのいいもの〉が教えてくれた、「徹底的に機能性を考えるとデザイン的にも洗練される」という発見。今年いちばんワクワクしました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!