ワンランク上の調理道具を贈る時には、食いしん坊心と、美しく使える機能美を兼ね備えた逸品を選びたい。料理好きが推薦する理由に納得。

» 第1回 カレー好きがぞっこん愛用
» 第2回 使う姿が美しくなるプロ仕様
» 第3回 用の美を備えた和の道具

食いしん坊が集まるキッチンに

 東京とフランスを行き来する鈴木純子さん。今回選んだのは、フランスのナイフと、日本の道具二つだ。「日本の老舗の道具は素晴らしいですね」と語る。

 「野田琺瑯」のバットも、ガラス作家ピーター・アイビー氏とスタイリスト高橋みどりさんとのコラボ、KOBOシリーズのガラス容器も、実用性がありながら佇まいそのものがサマになる。料理好きだからこそわかるプレゼントのツボがここにある。

A. 左:glass wide(LL) 直径15×15cm 15,000円、futa(LL) 3,000円、右:kaku(L) 直径18×9cm 15,000円(フタとセット)・以上KOBOシリーズ、中央:coffee jar 直径9×13cm 19,440円/PETER IVY / 流動研究所
B. バット 約15.5×12.5cm~32.7×24.5cm 900~1,500円/野田琺瑯
C. オリーブモデル2本セット 21.7cm 40,000円/W

A. PETER IVY / 流動研究所の
 「glass wide(LL)、futa(LL)」「kaku(L)」「coffee jar」

 器にも、グラスにも、保存容器としても使える自在な汎用性が特徴。「豆など保存食を入れています」。フタはトレーがわりにも。

B. 野田琺瑯の「バット」
 「真っ白で清潔感があり、においがつかないのも琺瑯ならでは。直火もオーブンもOKで、そのまま食卓にサーブできます。入れ子にしてコンパクトに収納できるのもいいところ。懐が深い道具ですね」

C. Percevalの「ナイフ」
 パリの1ツ星レストランのオーナーシェフだったイヴ・シャルルによるペルスヴァルのナイフは、すべて手仕事によって仕上げられる。「その切れ味は、肉を切っても肉汁が出ないほど。カトラリーも料理の一部なんだということを実感させられました」

流動研究所
http://peterivy.com/

野田琺瑯
電話番号 03-3640-5511
http://nodahoro.com/

●Recommender
鈴木純子(すずき じゅんこ)さん[アタッシェ・ドゥ・プレス]
フリーのPRとして自然派高級リゾート「Six Senses」、ミラノの老舗「ジェラテリア マルゲラ」、老舗出汁ブランド「やいづ善八」などのPRを担当する。

 

2018.04.05(木)
Text=Noriko Ichida
Photographs=Kiyoko Eto

CREA 2017年12月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

贈りものバイブル。

CREA 2017年12月号

おいしいものから定番の名品まで
贈りものバイブル。

定価780円

例年、たくさんのアイテムを集めて撮影する『贈りものバイブル』の表紙ですが、今年はスタイリスト・田中美和子さんにお願いして、「もし、贈りもののお店を開くなら……?」をテーマに、素敵な品々をセレクトいただきました。その数、なんと40アイテム以上! 特集内にて一つひとつ、しっかりご紹介しています。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!