トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

トラベルライターの旅のデジカメ虫干しノート

サン=ローランやチャーチルが愛した
モロッコの古都マラケシュの魅力とは

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第179回は、世界中の旅行者が憧れるモロッコの古都を、大沢さつきさんが巡ります。

イヴ・サン=ローラン美術館がオープン

抜けるような青空と赤い土壁、色彩の芸術のカーペット。これぞマラケシュの光景。

 年々、モロッコを訪れる旅行者が増えているのだとか。日本人はもちろん、かつての宗主国であるフランスの人にとっても、彼の地は“エキゾチシズム”の象徴のような国。2017年の秋も終わりの頃、パリとほぼ同時期に、この国、マラケシュを愛したイヴ・サン=ローランの美術館がオープンした。

イヴ・サン=ローラン美術館のエントランス。さすがにスタイリッシュな建築。

 19世紀半ばには、モロッコ王国への使節団に随行したドラクロワがいた。隣国アルジェリアで描いた『アルジェの女たち』は有名だが、ここモロッコでの傑作も多い。そしてその80年後にはマティスが、ドラクロワが“悪魔の太陽”と呼んだ陽射しと鮮烈な色彩を求めて、この国を訪れている。

シックな美術館と対照的なマジョレル庭園の個性。この色こそが、サン=ローランにとってのマラケシュだったのだろう。

 そんな才能の系譜を感じさせる、イヴ・サン=ローラン。稀代のファッション・デザイナーもモロッコに来て、その“激しい色”と“予想外の配色”にインスパイアされて、多くのドレスを生み出した。

 美術館はマラケシュの色である“赤”レンガで仕上げられた外観。4000平方メートルの敷地は、サン=ローランの世界で溢れている。残念ながら館内は撮影禁止。ただ、この美術館には彼のすべてを彷彿させるものが揃っている。

 隣接する「マジョレル庭園」も、サン=ローランが愛し所有したところ。この庭園の“マジョレルブルー”から、何枚のドレスがデザインされたのかと思うとちょっとワクワクする。

美術館と庭園のある通りの名前は、当然、サン=ローラン通り。

 ことほどさように、フランス人、ヨーロッパ人を魅了するモロッコ・マラケシュ。1000年もの歴史をもつこの街には、世界一ともいわれるメディナ(旧市街)に広がる幾種類ものスーク(市場)がある。網の目のように張り巡らされた小道は、さながら迷路。そんなラビリンスをさまよう体感が、世界中の旅行者を魅了するのだ。

メディナに氾濫する色は、ハーブ、花、スパイス……どの色が抜けても、成立しない混沌が、この街の魅力だ。
ガーデンサイドから見上げた「ラ・マムーニア」のメイン棟。青空とピンクの壁とグリーンの縁取り。

 そして、もうひとつ。マラケシュいやモロッコを代表するホテル「ラ・マムーニア」が君臨している。世界中のホテルが統合を繰り返し、どんどんと個性が失われている中、未だ“物語のある”数少ないホテルだ。

ラ・マムーニアの美しいゲートは、かつてのマラケシュの城壁を模している。

<次のページ> 物語のあるホテル「ラ・マムーニア」

2018.04.07(土)

文・撮影=大沢さつき

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ