冬の乾燥は、肌の水分を奪い、ゴワつきやカサつき、小ジワ、毛穴の開きなど多くの肌トラブルを誘発します。大切なのは、たっぷりの水分を入れ込むこと、そしてクリームで“蓋”をして水分と栄養分を肌奥まで届けること、これが基本です。

 近年のクリームは、一昔前と比べてテクスチャーの心地よさが格段にアップ。「ベタつくから」と敬遠していた人も、そのなめらかさとなじみの良さに驚くこと間違いなしです。

 また、油分が含まれているので、使い続けるほどに肌が柔らかくなり、ふっくらと弾力がよみがえるのも、クリームの大きな特徴。元気がないときには、たっぷりとなじませて時間をおく“パック使い”をするのもお薦めです。

 食わず嫌いしている人が意外と多いクリームですが、今回ご紹介する3点は、テクスチャーの気持ちよさとスピーディな肌実感を得られるものばかり。ぜひ、自分に合ったものを探してみて。

エイジングサインの出方で
アイテムを使い分ける新アプローチ

<イプサ>

ターゲットエフェクト S

 イプサから誕生した新発想のエイジングケア「ターゲットエフェクト」は、エイジングの型を見極めてアプローチするという、画期的なスキンケアです。

 エイジングによる肌変化が、酵素の活性状態により2つに分けられることに着目。エイジングサインの出やすさが「たるみ」と「シワ」に分かれることから、それぞれに合ったクリームを開発しました。

 例えば、細胞の機能低下によりたるみが表れやすい「S型」は、人間の体内に存在している酵素・SODの働きが低下することにより、活性酸素が高攻撃性活性酸素に変化し、肌にダメージを与えてしまうという傾向に。ゆえに、対策として抗酸化成分を配合したクリームで、肌の抗酸化力を高めます。

 たるみ対策用の「S」は、こっくりとしたテクスチャー。手のひらで引き上げるようになじませると、ハリ感のある仕上がりに。水分代謝を促す成分も入っているので、むくみが気になる朝のスキンケア時に使うのもお薦めです。

 自分が「たるみ」と「シワ」、どちらの型なのかは、イプサのカウンターで測定できるそう。ぜひチェックして!

ターゲットエフェクト S
30g 9,000円

イプサお客さま窓口
フリーダイヤル 0120-523543
https://www.ipsa.co.jp/

<次のページ> アラサーの敵の影響もなかったことに

2018.01.29(月)
文=増本紀子(alto)

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!