地中海の美しい島国、キプロスへ

地中海の美しい島国、キプロスへ

キプロスの海辺の街で歴史に親しみ
塩湖でフラミンゴの群れに遭遇する

 キプロス島は、地中海の東端に浮かぶ小さな島。世界遺産に登録された街パフォス、境界線で分断された首都ニコシア、民芸品で知られるレフカラなど、見どころがいっぱい。このキプロスを、たかせ藍沙さんがレポートします。

 第7回は、国際空港を擁する街、ラルナカを訪れます。

海岸通りが気持ちいい海辺の街

ラルナカの海岸通りにはヤシの並木があり、リゾートらしい雰囲気だ。

 キプロス東南岸にあるラルナカの街には国際空港があり、パフォスとともにキプロスの玄関口となっている。日本からヨーロッパ各地で乗り継いでキプロスに入る場合、たいがいはパフォスではなくラルナカの国際空港を利用することになる。初日か最終日に旅程に入れたい見どころの多い街だ。

ビーチは白砂ではないが、幅が広いのでビーチチェアがズラリと並んでいる。この日は肌寒かったが、なんと水着で日光浴する人の姿があった。
ビーチの近くには土産物店やレストランが軒を連ねている。

 海に面したラルナカには美しいビーチがあり、海岸通りにはヤシの木が並び、夏は海水浴客でにぎわう美しい街だ。リゾートホテルやレストラン、土産物店などが軒を連ねている。

ラルナカ要塞はビーチ沿いにある。

 ビーチ沿いにはヴェネツィア時代に造られ、オスマン帝国によって再建されたラルナカ要塞がある。かつては刑務所として使われていたことがある建物だが、今は中庭でイベントが催されることも。中には小さな博物館があり、入場料を支払って見学することができる。

聖ラザロ教会は、ビーチから歩いて5分ほどの場所にある。
聖ラザロ教会の中はきらびやかな装飾が美しい。奥にはイコン(宗教画)が並んでいる。

 海岸から5分ほど内陸側に歩くと聖ラザロ教会がある。ここは、9世紀ビザンチン時代の皇帝が造り、17世紀に再建された教会。死の4日後にキリストの手により蘇ったラザロがこの街に移り住み、主教として30年務めた後、この教会の地下に埋葬されたという。地下の墓は当時のまま保存されている。

ラザロの聖遺物(頭蓋骨の一部)が収められているという箱。
地下の墓。石棺の中に聖ラザロが眠っているという。

<次のページ> ハルミチーズとメゼの満腹ランチ

2017.12.18(月)

文・撮影=たかせ藍沙

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ