こなれた演出で一目置かれる すてきなホームパーティーを!

こなれた演出で一目置かれる すてきなホームパーティーを!

ついに解禁! 至極の1本を選んで
ボージョレ・ヌーヴォを味わい尽くす!!

eCREAアンバサダーが
2017年のボージョレ・ヌーヴォを堪能!

毎年、ボージョレ・ヌーヴォの解禁日を心待ちにしている、eCREAアンバサダーの小川えなさんと芳美リンさんが、「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」や、ワインコンクール「トロフィー・リヨン2017」で金賞を受賞した「ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ2017」などを初体験。

 毎年、ボージョレ・ヌーヴォの解禁日である11月の第3木曜日にワインショップに赴き、その週末、ご主人と一緒に楽しむワインをセレクトしているという小川えなさん。

「私と主人と1本ずつ。一緒に暮らしているのに、持ち寄りパーティーのような感覚で、ボージョレ・ヌーヴォを楽しんでいます」

 解禁日の翌週に控えた自身の誕生日に、それぞれが選んだボージョレ・ヌーヴォをあけてその味わいを話題にしつつ、ゆっくりお料理を楽しむのが夫婦のスタイル。

「決して勝ち負けではないのですが、よりおいしいワインを買ってきた方が、ちょっとだけ優越感に浸れます(笑)。今年はもちろん、この『オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ』で決まり! いままでボージョレ・ヌーヴォは、果実味の感じられる軽やかな飲み口が特徴だと思っていましたが、こちらの複雑な味わいにすっかり魅了されてしまいました」

ボージョレ・ヌーヴォの奥深い楽しみを知った二人。おいしいワインが心と体の緊張を解き、会話にも花が咲く。

 アクティブな芳美リンさんは、海の仲間たちと集うバーベキュー趣味のキャンプ、自宅や友人宅の女子会でワインをたしなむことが多いそう。

「お肉がメインのバーベキューとの相性は抜群ですし、女子会では抗酸化作用の強いワインのポリフェノールが味方です(笑)。何かと理由を見つけ出しては気のおけない友人たちと集まっているので、毎年、どこかで必ずボージョレ・ヌーヴォをいただいています」

 毎年、数種類のボージョレ・ヌーヴォを味わっているけれど、「アンリ・フェッシ」ブランドの中で特に気に入ったのが「ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ2017」だという。

「ボージョレ・ヌーヴォのロゼは初めてでしたが、フルーティな軽い口当たりで、爽やかな余韻に浸れるこの感じがたまらなく好きです。スパークリングもおいしかったけど、ロゼのきれいなピンク色や華やかなラベルのデザインは女子会にぴったりですし、お招きを受けたホームパーティーに持参しても、その場に埋もれることなく、みんなの注目を集めそうですね」

豊かな果実味と柔らなか酸味のボージョレ・ヌーヴォは、シンプルにパンやチーズなどといただくのもいいし、意外にも甘辛い味付けの和食やお鍋とも好相性。素敵なマリアージュを生み出してくれる。

小川えな(おがわ えな)
ロンドンに3年半留学後、香港を拠点とするエアラインのキャビンアテンダント(CA)として世界中を飛び回ること約8年。クルーとして働きながら、CAグッズのネットショップを立ち上げる。パーソナルコーディネーターの資格を取得し、現在は、CA流パーソナルコーディネーターとして、CA受験のカウンセリングやメイクセミナーを開講。また、ブロガー、インスタグラムのインフルエンサーとしても活動中。
ブログ http://ameblo.jp/enakirakira
Instagram https://instagram.com/ena_cabin/

芳美リン(よしみ りん)
積極的に「ソトアソビ」を実践している行動派。とくに海が大好き。アクティブにマリンスポーツを楽しむのも、ゆっくり海を眺めるのも両方好き。海好きが高じて海の近くで暮らしたいと思い立ち、現在鎌倉に引越しを計画中。また、最近は漢方を使ったダイエットの効果を実感中。温泉ソムリエ、ペット看護師、ペットセラピストなどの資格を持つが、最近は世界遺産検定、化粧品検定の勉強も始めている。
ブログ http://lineblog.me/yoshimi_ringo/
Instagram https://www.instagram.com/lynn.lynn5/

アサヒビール
フリーダイヤル 0120-011-121
http://beer.asahishop.net/

2017.11.17(金)

取材・文=今富夕起
撮影=佐藤 亘

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ