こなれた演出で一目置かれる すてきなホームパーティーを!

こなれた演出で一目置かれる すてきなホームパーティーを!

ついに解禁! 至極の1本を選んで
ボージョレ・ヌーヴォを味わい尽くす!!

“何を選んでも同じ”じゃない
ボージョレ・ヌーヴォの奥深い楽しみ方

自分へのご褒美に、招待されている週末のホームパーティーの手土産に。自信を持って指名買いできる、ボージョレ・ヌーヴォの最高峰「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2017」750ml 6,000円。

 11月の第3木曜日といえば、そう! ボージョレ・ヌーヴォの解禁日。今年は16日午前0時にその瞬間を迎え、2017年の新酒(ヌーヴォ)がいよいよ解禁となった。

 日照に恵まれ、質のいいぶどうが育った今年は、フランス南部ブルゴーニュ地方ボージョレの醸造責任者も太鼓判を押す、選りすぐりのボージョレ・ヌーヴォが日本にもたくさん届いているけれど、選択肢が多い分、何をどう選んでいいか毎年迷う、という人は案外多い。

 選ぶポイントは、ワインの原料となるぶどうの木の樹齢や育ったクリュ(区画)、ワインメーカーやその醸造方法などいろいろあって、もちろん、味わいもさまざま。

 毎年、心待ちにしているこの日だからこそ、ほんの少し知識を深めて、特別な1本を選べる自分になってみてはいかが?

土壌深くに根を張った古木からできるぶどうを厳選して造られた「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は、濃厚で複雑味を帯びた味わいが特徴。

 年に1度、解禁日のこのタイミングで、至極の1本を選びとるために知っておきたいポイントは2つ。1つは、ボージョレ地区の中でもワンランク上のヴィラージュ地域のぶどうを使用した「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」の存在。もう1つは、上質なワインを生み出す「アンリ・フェッシ社」の名だ。

 120年にわたり手摘み収穫と伝統的な醸造方法を守り続ける「アンリ・フェッシ社」は、ヨーロッパの高級ホテルやレストランでも愛される信頼のブランド。

 赤、白、ロゼ、スパークリング。こちらの名前を冠したボージョレ・ヌーヴォであればどれを選んでも間違いはないが、 その中でも、自分だけの特別な1本を求めるのなら、スーパープレミアムヌーヴォの呼び声高い「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」を、ぜひ。

 ヴィラージュ地域の豊かな土壌で育った、平均樹齢80年の古木からできるぶどうを厳選した希少価値の高さ、そして、熟したぶどうの美しい赤、丸みを帯びた口当たりでありながら複雑でひときわ深い味わいは、ボージョレ・ヌーヴォの真骨頂。

 自分のために選んでも、ギフトとして贈っても。この特別な1本が、今年のボージョレ・ヌーヴォを忘れられない思い出として、深く記憶に刻み込んでくれるはずだ。

左から、ボージョレ入門者はこれ!「ボージョレ・ヌーヴォ 2017」750ml 2,180円、今年、ワインコンクール「トロフィー・リヨン 2017」で金賞を受賞した「ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ 2017」750ml 2,180円、ヌーヴォの最高峰「オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」750ml 6,000円、ワンランク上の“ヴィラージュ”を。「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ 2017」750ml 2,550円、アンリ・フェッシのヌーヴォ(新酒)ではない、ボージョレのワインもぜひ味わって。「ムーラン・ナ・ヴァン 2013」750ml 2,850円。

<次のページ> 2017年のボージョレ・ヌーヴォを堪能!

2017.11.17(金)

取材・文=今富夕起
撮影=佐藤 亘

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ