中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

中村恭子のゆるマクロビをはじめよう

ごぼうの旨みが隠し味!
じんわり美味なる旨煮汁レシピ

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「きのこ」のマクロビレシピ

きのこと豆腐の旨煮汁

 今回は前回に続き秋の味覚の代表格「きのこ」を使い、お豆腐と合わせた汁物のレシピをご紹介します。

 じっくりと水につけて旨みを引き出した昆布と、きのこが合わさることで、滋味に溢れた奥深い味わいの出汁になります。隠し味は具材に使うごぼうの旨み。ごま油でさっと炒めることで香り高く仕上げます。

 また、マクロビ的に強い陽性(身体をあたためる)に分類され、葛粉でとろみをつけて仕上げれば、これからの寒い季節の養生食にもなります。

 湯豆腐とともに、冬の定番レシピのひとつにいかがですか?

» 旬の食材/「きのこ」の詳細

<次のページ> 「きのこ」のマクロビレシピ

2017.11.14(火)

文=中村恭子
撮影=秋元良平

同じテーマの記事

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ