暮らすように? それとも非日常? 京都では宿も特別です。京都らしい暮らしが楽しめる町家や、アート、工芸品が鏤められたホテルなど、特別な価値がある宿があるから、わざわざ訪れてみたいと思うのです。

» 第1回 一棟貸しの特別感「TSUKIHI HOUSE KYOTO」
» 第3回 アットホームな町家宿「京旅籠むげん」
» 第4回 アートと過ごす「ホテル アンテルーム 京都」

デザインコンセプトは
ずばり「マチヤスタイル」

◆ホテル カンラ 京都

左:檜葉の浴槽。東本願寺と京都タワーが同時に眺められる部屋も。
右:すべての客室に畳スペースが。

 京都の伝統的な住宅の考え方を取り入れた「マチヤスタイル」をデザインコンセプトとした宿。「町家」をモダンに表現した細長い形の客室には、畳のスペースや檜葉の浴槽があり、部屋の調度品には伝統工芸品を使うなど、和の趣がたっぷり。

左:連泊でも飽きないよう工夫が凝らされた日替わり朝食(3,000円・税込)。京都北山杉の3段重に、茶碗蒸しや旬の野菜の炊きもの、京漬物など色とりどりの小鉢料理が盛り付けられている。
右:京菓子 塩芳軒の24節気生菓子とお茶のセット(1,000円・税込)。急須と湯のみは「いっちん」と呼ばれる技法で知られる清水焼「洸春窯」のもの。
ベッドルーム。ダブルからスイートまで、シーンに応じた客室がある。

 1階のロビーフロアには老舗和菓子店「塩芳軒」の生菓子が味わえるカフェラウンジや、手工芸品を集めたセレクトショップ、金継ぎ職人の技に触れられる工房があり2つのレストランとスパも併設。

1階カフェラウンジ。

ホテル カンラ 京都
所在地 京都市下京区烏丸通六条下ル北町190
電話番号 075-344-3815
チェックイン/アウト IN 15:00/OUT 11:00
料金 1室2名利用1名料金 15,000円~(税・サービス料込み)
客室数 68室
アクセス JR京都駅から徒歩12分
http://www.hotelkanra.jp/
●カード利用可(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)

2017.10.18(水)
Text=Ai Kiyabu
Photographs=Kunihiro Fukumori

CREA 2017年11月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

やっぱり行きたいね、京都。

CREA 2017年11月号


やっぱり行きたいね、京都。

定価780円

鴨川べりの散歩道、かくれ家カフェに、しみじみおいしいごはん処――。忙しい日々の中でふと戻りたくなる町、京都。混んでいると聞いて最近少し足が遠のいていた人も、町が赤や黄色に色づく季節だから、久しぶりの京都旅にでかけませんか? 紅葉の隠れ名所に、外れなしのごはんリストなど、盛りだくさんの1冊になりました。

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!