エレガントなレストランで
地元食材を使った料理に舌鼓

広場に面した「レストラン・ダミエ」のエントランスは両隣のレストランの間にあり、見落としてしまいそうな小ささ。建物に掲げられた「HOTEL DAMIER」の文字と、入り口上の「RESTAURANT」の文字が目印だ。

 「レストラン・ダミエ」は、グロートマルクト(広場)に面した「ホテル・ダミエ」内にあるエレガントなレストラン。フランスで「ミシュラン」と比較されるレストランガイド「ゴー・ミヨ」で高得点を付けられている。

エントランスを入るとシックなインテリアのホテルロビーが。右側にレセプション、左奥にレストランの入り口がある。
メインダイニングは、大きなシャンデリアとモスグリーンが印象的。右側のガラス戸の外がテラス席となっている。

 レストランがあるのは、シックな雰囲気のホテルレセプションを抜けた奥。大きなシャンデリアが印象的な高級感のあるインテリアだ。L字型のダイニングルームと、そこから続く中庭にテラス席もある。

 メニューには、地元の新鮮な食材を重視しながら世界中の食材と組み合わせ、リラックスできる雰囲気の中でハイレベルな料理の楽しさを味わってほしいというメッセージがある。また、生産者の名前とともに、野菜は有機農場で生産されていること、肉となる家畜は牧草やハーブを食べて大切に育てていることなどが書かれている。

左:まずはベルギービールで喉を潤す。日本でもお馴染みのベルギーを代表するビール「デュベル」で。
右:前菜は地元のトマトを、2種類の食感が楽しめるブッラータチーズとクリスプブレッド、そしてバジルのソースとともに。

 美食の国ベルギーの名店で腕を磨いたシェフが創る料理は、美味しいだけでなく、エディブルフラワーなどを使った盛りつけも美しい。まさに「美食」と称するにふさわしい逸品ばかりだ。

左:手長エビはローストしたニンジンとともに。エビの殻の濃厚なソースにバドゥーヴァンというスパイスの香りを利かせて。
右:チェリーのデザートにはバニラアイスとヨーグルトを添えてスミレとともに。なんて美しいデザートだこと! しかも、とびきり美味しい!

 ランチには「マーケットメニュー」があり、その日の市場に並んだ食材からシェフがインスピレーションを得た料理が用意される。メインコースだけでもいいし、時間をかけられるなら、3皿のコースにワインをペアリングというランチもお勧めだ。ディナーは、3皿または4皿のセットメニューとアラカルトから選ぶことができる。

Restaurant Damier
(レストラン・ダミエ)

所在地 Hotel Damier, Grote Markt 41, 8500 Kortrijk
電話番号 056-22-15-47
http://hoteldamier.be/nl/restaurant

【取材協力】
ベルギー・フランダース政府観光局

http://www.hollandflanders.jp/

コルトレイク観光局
http://www.toerismekortrijk.be/

KLMオランダ航空
http://www.klm.co.jp/

たかせ藍沙 (たかせ あいしゃ)
トラベル&スパジャーナリスト。渡航150回超・70カ国超、海外スパ取材250軒超、ダイビング歴800本超。日々楽しい旅の提案を発信中。著書は『美食と雑貨と美肌の王国 魅惑のモロッコ』(ダイヤモンド社)、薔薇でキレイになるためのMOOK『LOVE! ROSE』(宝島社)など。楽園写真家・三好和義氏と共著の『死ぬまでに絶対行きたい世界の楽園リゾート』(PHP研究所)は4刷で、台湾・中国にて翻訳出版、第2弾『地球の奇跡、大自然の宝石に逢いに… 青の楽園へ』も中国で出版された。『ファーストクラスで世界一周(仮題)』2017年秋刊行予定。
Twitter https://twitter.com/aisha_t
ブログ http://ameblo.jp/aisha
「たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周」Facebook
http://www.facebook.com/WRT.by.FirstClassFlight

2017.08.17(木)
文・撮影=たかせ藍沙