知ってトクするトラベル・インフォメーション

知ってトクするトラベル・インフォメーション

英国南西部を満喫する旅のテクニック!
寝台列車やお得なチケットをチェック

空港からその足で英国南西部へ
GWRの寝台列車で直接ゴー!

 特集「英国、食の底力 イングランド南西部の美食を巡る」でフィーチャーした、英国南西部を旅するのにとっておきの情報を紹介します。

 「Go to bed in London, wake up in Cornwall」(ロンドンで床に就いて、コーンウォールで目覚める)というキャッチフレーズの寝台列車があるのをご存じでしょうか。

パディントン駅から夜23:45発(月~金曜、日曜は23:50発、土曜の運行はなし)のナイト・リヴィエラ・スリーパーに乗り込めば、翌朝7:53(月~金曜、日曜は8:59)にペンザンス駅に到着します。
寝台車の前で、スタッフがお出迎え。キャビンまで案内してくれます。

 ロンドンのパディントン駅とコーンウォールのペンザンス駅を結ぶGWR(グレート・ウェスタン・レイルウェイ)のナイト・リヴィエラ・スリーパーなら、ロンドンに前泊することなくヒースロー空港からヒースロー・エクスプレスに乗ってわずか15分のパディントン駅で乗り換えるだけ。翌朝はコーンウォールで目覚めることができます。

キャビンを予約している乗客だけが使える車両。寝付けないときはここで読書でも。

 2017年からはカードキー、USBソケット付きの新キャビンも登場して、快適さもぐーんとアップ。時間を無駄にすることなく、めいっぱい英国南西部を楽しむことができます。

快適度を増した新キャビン。(写真提供:GWR)
新キャビンは、コンセントとUSBソケットが完備されたほか、カードキーでロックの開閉ができるように。(写真提供:GWR)

 ブリティッシュ・エアウェイズで東京・ロンドン間を予約する場合、ヒースロー・エクスプレスとともに、GWRの切符も航空券と一緒に予約することが可能です。航空券と一緒の予約で、割引も適用されるとのことなので、どうぞお忘れなく!

GWR(グレート・ウェスタン・レイルウェイ)
http://www.gwr.com/

<次のページ> パディントン駅にはラウンジやシャワーも

2017.06.11(日)

文・撮影=安田和代

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ