森永のアロエヨーグルトをいただきました。プレーンヨーグルトだとちょっと物足りない、でも気分的にはフルーツ入りというのもちょっと違う……。そんなときに、私がよく購入するのが森永アロエヨーグルト。コクがありながらもすっきりした甘さのヨーグルトにアロエがごろごろ。実は、大好きです。

 これをくださったお客さまが教えてくれたのですが、アロエの歴史は相当古いのだとか。6000年もの昔、古代エジプトの医学書によると「防腐剤」としてアロエが使われていたのだそう。また、アレクサンダー大王に仕えた兵士が傷を癒すのに使っていたとか、クレオパトラがアロエ液を体に塗って美肌づくりに励んでいたとか……。

 そんな歴史あるアロエは、みずみずしい食感が特徴で「ヨーグルトと一緒に食べたらおいしかろう(しかも体にいい!)」と思い立ち、1994年に商品化したのが森永乳業さん。「良薬口に苦し」ということで、少ないながらも苦みのあるアロエベラを、よりおいしく食べられるように開発されたといいます。

 冷蔵庫で冷やして、さっそくピリリとフタを開けてみたところ、ここにもひとつトリビアが! フタの部分にヨーグルトがくっつかないように、特別な「撥水加工」がしてあるのだそうです。さらには、固体であるアロエが底に沈んでしまわないような工夫もしてあるのだとか。なにからなにまでありがとう! みなさんもぜひ、森永アロエヨーグルトを開けたらフタをチェックしてください(撥水ぶりに感動するはず!)。

森永アロエヨーグルト
http://www.aloe.ne.jp/

Column

CREA編集部 今日のおやつ

撮影用やお土産、差し入れなどでいただくCREA編集部やCREA WEB編集室のおやつをご紹介します。今日もごちそうさまでした!

2017.05.19(金)
文・撮影=CREA WEB編集室

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!