香り立つ、私だけのコーヒー時間

香り立つ、私だけのコーヒー時間

コーヒーの新たな美味しさに目覚める
「神乃珈琲」の実践的セミナーに密着!

コーヒー界の巨匠に教わる
体感型セミナー

本格的なハンドドリップの手法を学ぶことができるセミナーには、自分で淹れるコーヒーの味わいを極めたいと考える、熱心な女性の受講生が目立つ。

 毎日、家で飲んでいるコーヒーをもっと美味しく、本格的に。近頃、ライフスタイルにおける「こだわり」のポイントとして、コーヒーに注目する女性が増えている。それとともに、人気が高まっているのがコーヒーセミナーだ。コーヒーに関する幅広い知識や実践的なコーヒーの淹れ方をプロから学ぶことができるだけではなく、これまでに感じたことのない、新たな美味しさに目覚める感動的な体験が叶うかもしれない。

2016年9月9日にオープンした「神乃珈琲」。個性的でおしゃれな、ガラス張りの外観が目印。

 今回は、日本人の味覚に合ったコーヒーを追求している「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」の珈琲塾を覗いてみよう。

コーヒーの楽しみ方が広がる!
焙煎所のあるおしゃれカフェ

 学芸大学駅から歩いて約10分、目黒通り沿いにあるガラス張りの建物が「ファクトリー&ラボ 神乃珈琲」だ。外の光が差し込む、開放的で落ち着いた雰囲気の店内には、その名にある通り、工場のような大型焙煎所が。

店内の中央に設けられた焙煎所は、眺めているだけでワクワクしてくるようなスペシャルな空間。
完成までに4年を費やした同店オリジナルの焙煎釜からは、1日に6回、豆の焼き上がる香ばしい匂いが店内に立ち上る。

「店内の中央にガラス張りの焙煎所を設けたのは、製作過程を含め、コーヒーに関するすべての時間を、お客様に楽しんでいただきたいと考えたからです」

 そう語る、社長の菅野眞博さんは、「日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)」の副会長を務めるほか、「ドトールコーヒー」や「星乃珈琲店」といった人気店のコーヒーを長年プロデュースしている。

 そんな「コーヒー界の巨匠」ともいうべき菅野さんがレクチャーする珈琲塾には、新幹線で遠方から足を運ぶ熱心な受講生もいるというから驚きだ。

<次のページ> バリエーションを知ってコーヒーをもっと楽しく

2017.04.15(土)

文=中山理佐
撮影=佐藤 亘

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

GOURMET} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ