とろ~りチーズのピッツァとパスタで
カジュアルランチ

「4種のチーズと九条ネギ」。九条ネギの根っこがこんなに美味しいなんて!

  「イル・ケッチァーノ ミエーレ」は人数によるセットメニュー。グリーンサラダとドリンクは共通で、ピザとパスタ、そしてデザートの量が変わる。例えばひとり用のAセットはサラダ、ピッツァかパスタを1品、ドリンクで1,600円~。4人用のDセットはサラダ、ピッツァかパスタから4品、ジェラートから4品、ドリンクで6,800円~となる。ピッツァだけは単品でも頼めるがボリューム満点なのでシェアするのがお得であろう。

施設内の畑のひとつ「畑っちぁーの」で採れた野菜や旬の新鮮野菜で作る。トッピングした山形の玄米の香ばしさと食感がアクセント。
山形から直送した寒中キャベツはシャキシャキ感がすごい! 燻製胡椒の香りが効いている。パスタのベースはオイル、トマト、クリームの3種類。
左:奥田政行シェフの選んだ「月の雫の塩」を使ったジェラートは甘みと塩みが絶妙に混ざり合う。
右:明るくカジュアルな雰囲気の白いテーブルとクリアな椅子で大好きなパスタやピッツァを気取らず楽しめる。

 山形の「イル・ケッチァーノ」をそのままにピッツァとパスタを存分に楽しんでもらいたいという奥田シェフの想いが詰まった店である。春になったら桜海老と根っこまで入れたせりのパスタが登場する予定。いまいちばん美味しい食材を使ってピッツァとパスタに限定しているのが潔くて面白い。

ランチの後は休日の醍醐味
魅惑のリラクゼーションに

取材だから寝ないように頑張ったが、良い香りとあまりの心地良さに途中から爆睡してしまった。

 こちらには「ほぐし手屋」と「宙sora」で異なるタイプの施術が受けられる。今回は、おすすめの「リンパホルミシスセラピー」で身体を癒やすことに。使用するクリームに配合されたホルミシス鉱石が新陳代謝を促進し、肌本来の美しさを引き出してくれるそう。滞った疲労物質を流してくれるその技術は本当に人の手なのかと疑うほど。終われば、本当にスッキリ!

今夜は「宿泊棟」へ移動。8畳部屋が17室、コンパクトでのんびり過ごせる。こちらも「離れ」同様、目的別にさまざまなコースがある。

<次のページ> 贅を尽くす1日9席の割烹

2017.03.28(火)
文=高橋綾子
撮影=榎本麻美