試験に落ちない伝説あり!
ニホンカモシカに出逢えるか?

 春夏秋冬、さまざまな風景を見せてくれる御在所岳。三重県屈指の降雪地で山上のスキー場では3月下旬頃までスキー、そり遊び、スノーシューを楽しめる。こちらには標高1212メートルを結ぶロープウェイで行くのだが、何せ高低差が780メートルもあり絶壁とも思える景色を見ながら12分の空中散歩をするのである。

高さ61メートルはロープウェイの鉄塔日本一! 標高940メートルに位置する真っ白の鉄塔がシンボル。

 冬はウインタースポーツに訪れる人だけではない。ものすごい踏ん張りがきく脚でどんな絶壁でも絶対に落ちない日本の特別天然記念物ニホンカモシカが生息しており、見ることができたら試験に落ちないと言う伝説にあやかって、この時期は受験生が後を絶たないそうだ。という話を御在所ロープウェイ株式会社 企画広報部の進士(しんじ)勝宏さんから聞きつつ、受験生じゃないしなぁと思いながらぼぉっと崖を眺めていると鹿らしき物体が。

 「あんなところに鹿の置物作ったんですね。本物そっくり、剥製ですか」と指差したら、「何言ってる! ニホンカモシカだよ!」と叫ばれた。マジかっ! 写真、写真、あぁ~、誰かロープウェイ止めてくれ~。でも確かに見た。なんだかウンウンって頷いていた。

 「アクアイグニス」に2年勤務し、相当数このロープウェイに乗っている広報の浦嶌桃子さんですら一度も見たことがなかったと言うので、きっと良いことが起こるに違いない。ちなみにニホンカモシカはウシ科だそう。ちょっとイメージが……。

ロープウェイの絶壁から少しなだらかな斜面をリフトで登る。スキー場へは途中のカモシカ駅で乗り換える。

 歓喜の雄叫びをしている間に山上公園駅に到着。ここからリフトで御在所岳頂上を目指す。頂上駅から雪道を歩き一等三角点からの見事な絶景。晴れていたら富士山も見られるそうだ。美しい樹氷や氷瀑(ひょうばく)も必見!

氷瀑は自然の力を利用して人工的に造られた氷のオブジェ。高さ10メートル、幅20メートルほどの巨大な氷の塊はうっすら青みがかって神秘的。

 さらに、湯の山温泉には「恋結び折り鶴伝説」があることから幸せカップルも多い。木々の蕾はもうぷっくりしてきて春を待っているようだ。山麓から山頂へ順に新緑が芽吹き、アカヤシオやホンシャクナゲなどツツジ系の花々を6月頃まで愛でられる。さて、そろそろ雪山とお別れしランチの時間にしよう。

案内してくれた御在所ロープウェイ株式会社の進士勝宏さんは雲を見れば天候を読み取れる、御在所岳を知り尽くした達人。

御在所ロープウェイ
http://www.gozaisho.co.jp/

<次のページ> ランチはパスタとピッツァで決まり!

2017.03.28(火)
文=高橋綾子
撮影=榎本麻美