今日の絶景

今日の絶景

スコットランドの田舎に突如現れる
チベット仏教の殿堂は実にカラフル

Magnificent View #1248
カギュ・サムエ・リン瞑想センター(イギリス)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 スコットランド南部の田舎道を車で走っていると、突如現われる異色の建物。ここは西ヨーロッパで最初にできたチベット仏教施設だ。

 建造は1967年。チベット仏教の思想を西洋に紹介した僧のアコン・リンポチェと、仏教学者であり詩人でもあったチョギャム・トゥルンパの2人によって創設された。以降、ヨーロッパにおけるチベット仏教活動の拠点となっている。

 緑に囲まれた広大な敷地の中には、仏塔や寺院が立ち、60人以上が暮らしている。宿泊施設もあり、チベット仏教徒ではないゲストが宿泊することも可能だ。宿泊には、「生き物を殺さない」「人のものを羨まない」など、戒律に基づいたルールがある。食事はもちろん、ベジタリアン料理だ。

 ご覧の建物は、瞑想を行う場所。館内は極彩色の装飾が施され、異国情緒たっぷり。チベット仏教を体験してみたいというイギリス人たちがここを訪れているという。

2017.03.01(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ