5つのカテゴリーから選ぶ 2010年代ベストアニメ音楽

5つのカテゴリーから選ぶ 2010年代ベストアニメ音楽

新世代アニソンを歌う女性たちの中で
チェックすべき4組のアーティストは

 音楽評論家/音楽プロデューサーの冨田明宏さんが、2010年代のベストアニメ音楽について教えてくれました。

» 第1回 アニメの枠を超える劇伴
» 第2回 音楽アーティストの本気アニソン
» 第4回 注目のアニソンダンスミュージック
» 第5回 キャラクターの個性で魅力倍増

固定観念に囚われない
自由なポップ&ロック

 アーティスト=表現者としてアニメ作品のために歌を捧げるアニソンアーティストたち。昔のアニソンとは違い窮屈な固定観念に囚われない、自由なポップ/ロックを新世代のアーティストたちが、聴かせてくれる。

◆ ClariS
「コネクト」

 筆者は彼女たちがまだ普通の中学生だった頃に出会い、結果的に彼女たちがデビューを果たす一助を担ったわけだが、まさかこの『魔法少女まどか☆マギカ』OPテーマで業界を席捲するほどの存在になるとは夢にも思わなかった。そして2017年2月には、いまだ顔出しをしないアイドルユニットとして、異例とも言える単独武道館公演を迎える。

ClariS「コネクト」
『魔法少女まどか☆マギカ』OPテーマ
ソニーミュージック 1,165円

» このCDを購入する(Amazonへリンク)

◆ ZAQ
「Sparkling Daydream」

 作詞・作曲・編曲・歌唱のすべてを自作自演する女性マルチプレイヤーのエクストリーム・ポップなデビュー作。音大ではクラシックを学びながらも、実はルーツはHIP HOPで、さらにアニソンとの運命的な出会いによって無限に広がるエンタメ性とポップネスの虜となった。その引き出しの多さで、今ではシーンの一翼を担う存在に。

ZAQ「Sparkling Daydream」
『中二病でも恋がしたい!』OPテーマ
ランティス 1,238円

» このCDを購入する(Amazonへリンク)

◆ 藍井エイル
「IGNITE」

 内なる感情の昂ぶりを、叫ぶように、振り絞るように歌い上げたエイルの代表曲。2016年11月、武道館2デイズを最後に無期限活動休止に入った彼女。ずば抜けた歌唱力に裏打ちされたハイトーンの美しさと力強さ、磨かれた表現力でさらなる成功が期待されていただけに、実に惜しい。彼女の代わりはいない、復活に期待したい。

藍井エイル「IGNITE」
『ソードアート・オンラインII』OPテーマ
ソニーミュージック 1,204円

» このCDを購入する(Amazonへリンク)

◆ LiSA
「Rising Hope」

 現在のアニソンを象徴する存在であり、J-POPすら奔放な魅力と技量で捻じ伏せようとしているライオットガール。UNISON SQUARE GARDENの田淵智也とともに放った本作はシーン最大のアッパーチューンだ。グルーヴに乗り速射砲のように打ち出される言葉はすべてがパンチライン。アニソンでなきゃ生まれないロックが鳴っている。

LiSA「Rising Hope」
『魔法科高校の劣等生』OPテーマ
アニプレックス 1,200円

» このCDを購入する(Amazonへリンク)

●今回、教えてくれたのは……

冨田明宏(とみたあきひろ)さん
音楽評論家/音楽プロデューサー。音楽評論家としてはアニメ音楽が主戦場。さらに音楽プロデューサーとして声優・内田真礼、黒崎真音ほかのプロデュースや、数々のアニメ主題歌も手掛けている。

<この記事の掲載号>

CREA 2017年3月号

大人のためのアニメガイド
みんなアニメに夢中。

定価780円

2017.03.02(木)

選曲・文=冨田明宏
撮影=平松市聖
協力=アニメイト池袋本店

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2017年3月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ