古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

古関千恵子の世界極楽ビーチ百景

海に浮かぶ漁民の家でバーベキュー!
知られざるビンタン島の素顔とは?

#112 Trikora Beach
トリコラビーチ(インドネシア)

シンガポールからもアクセス至便なリゾート地

遠浅の海が広がるトリコラビーチ。沖に目を凝らすと、船よりも大きなナゾのものが……。

 シンガポールからフェリーで約1時間の、インドネシアのビンタン島。シンガポールから1日ツアーがあることや、過去に滞在したリゾートが埠頭から車で約15分のビンタン・リゾート内だったことから、小さな島だと思い込んでおりました。

ビンタン島は想像よりもはるかに大きく、リゾートエリア以外はのんびりとした南の島。
ネコものんびり。

 それが大間違いだと気付いたのは、到着したビンタン島のバンダー・ベンタン・テラニ(BBT)の埠頭でのこと。

 ホテル予約サイトで見つけた安宿へ向かおうとしたら、タクシーで片道約4,000円。なんと宿代よりも高い! その安宿は東海岸のトリコラビーチにあり、BBT埠頭から車で約1時間も離れた場所でした。ビンタン島が沖縄本島よりやや広大だったとは!

左:ビンタン・リゾート内には、こうした地元の暮らしがありません。
右:インドネシアの香辛料ペースト“ブンブ”屋さん。石臼でその場で挽いてもらう方が美味だとか。

 かつて訪れたビンタン・リゾートはゲートで区切られ、エリア内に村や町のない新興リゾート地で、それがそのままビンタン島全体のイメージになっていました。でも、それはホンの一部に過ぎなかったのです。

<次のページ> 沖に浮かぶ不思議な物体の正体とは?

2016.12.03(土)

文・撮影=古関千恵子

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ