今日の絶景

今日の絶景

ダブリンのカルチャー発信地の誕生は
バスターミナル移転計画頓挫の副産物

Magnificent View #1106
テンプルバー(アイルランド)

(C)Bryan Reinhart / Masterfile / amanaimages

 ダブリンの中心部、リフィ川沿いに路地が入り組むテンプルバーエリアは、この国を代表するカルチャーの発信地。

 今でこそ、パブやミニシアター、アート系ミュージアムがひしめくここは、かつて修道院が立ち並ぶエリアだった。16世紀、ヘンリー8世による宗教改革でそれらがすべて閉鎖された後、土地を引き継いだのがテンプル卿で、エリアは彼の名に由来している。

 時を経て、18世紀末頃からしだいにスラム化してしまうが、1960年代に入り、バスターミナルをこのエリアに移転する再開発計画が持ち上がり、市は土地の買収を開始。一時的に建物を安く貸し出すと、芸術家たちが次々と集まり、一帯は自然と、文化の薫りが漂うエリアとなっていった。

 結局、バスターミナル移転は住民の反対にあい頓挫、この地区は文化の中心地と位置づけられるように。

 ご覧の建物は、エリアの中央にあるその名も「テンプルバー」という1840年創業の老舗パブ。店の前は、記念撮影をする人でいつも賑わっている。

2016.10.10(月)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ