Magnificent View #1102
シンガポールフライヤー(シンガポール)

(C)Asia Images / Masterfile / amanaimages

 高層ホテルや個性的な外観の建物が並ぶ、シンガポールのマリーナベイ。その中心地にあるのが、世界で2番目に大きな観覧車、シンガポールフライヤーだ。

 オープンは2008年。黒川紀章と現地の建築家により設計された。ゴンドラの最高到達地点は地上165メートルで、42階建てに匹敵する高さを誇る。

 28人乗りのゴンドラは空調が完備されて快適なうえ、壁はガラス張りで眺望抜群。晴天の昼間はマレーシアやインドネシアまで望むことができ、夜にはきらめくマリーナベイとシティ側の摩天楼が一望できる。

 なかでも夕暮れどきは、サンセットと夜景を楽しめるとあって、デートに使うカップルも多いのだそう。

 絶景を楽しめるだけでなく、カクテルやハイティー、ディナーコース付きの乗車プランも用意。変化を求めるシンガポール人も飽きさせないアトラクションは、ローカルにも愛されている。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2016.10.06(木)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!