〆の炭水化物からデザート
最後まで大満足

 シェフの李さん。坊主刈りとはちまきに一瞬「お寿司屋さんですか?」と問いかけてしまいましたが、立派な香港出身の料理人です。日本人の奥様と結婚した日本大好き香港人。はちまきはご愛敬で(笑)。

「作りたての点心を味わってくださいね!」

 さてさて、炭水化物ファンのみなさま、お任せしました。いよいよ〆が登場。まず出てきたのは、ちまき(740円)。蓮の葉っぱに包まれた本格的なもの。

ごはんのなかに甘辛く味付けされた鶏肉が入って、モチモチ&ジューシー~。

 さらにお腹に余裕があれば、いや、余裕がなくても食べられてしまうのが、焦がしねぎの和えそば(740円)。いっときましょう。

麺の細さや茹で加減もいい。香ばしいソースをよく混ぜて召し上がれ。

 デザートにまさかこれがくるとは! と驚いたのが、愛玉ゼリー(400円)。台湾名物の愛玉子(オーギョーチ)ですよ。ちゃんと種をモミモミするところからの自家製! さっぱり、すっきりした甘みが、中華料理のあとに最高。

オーギョーチに含まれるペクチンは食物繊維が豊富だから、デトックス効果が期待できちゃうかも!?

 あまりにいい感触だったので、短い期間で再訪してしまいました。今回は、香港通の幹事仕切りで特別料理をお願いしてみたんですが、すべてのリクエストに答えるシェフの底力たるや!! ハムスイコやタロイモのコロッケなど、これまた香港では定番のもの。「タロイモはタイ産のタロイモを使いましたが、いかがでしたか?」。ばっちりです。

 レバーをのせた焼売はこの場で好評だったため、今後、通常メニューにオンすることに。

蒸し上がりの時間が違うからと、それぞれを別で蒸し揚げる丁寧な仕事ぶり。

 さらに、マーラーカオも完璧! これもレギュラーで食べたい~~。

まるで雲のようにふわっふわの軽いテクスチャー。満腹でも食べられます。

 きさくなサービススタッフの松野さん(左)に、おすすめを聞いて頼むのもいいかも。今後は、ひとり3,000円のお任せコース(2名から)も考えているそうです。

右から、西麻布「真不同」から助っ人でいらしていた洗さん、飲茶倶楽部シェフの李さん、サービスの松野さん。

 「この点心うまい!」「今度、香港も行ってみたいね!」そんな会話が繰り広げられる空間にしていきたいとオーナーは言います。

 恵比寿での隠れ家で、あなたも倶楽部活動してみませんか?

飲茶倶楽部(ヤムチャクラブ)
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 京城ビル6F
電話番号 03-6303-1318
営業時間 17:30~24:00(L.O. 23:00)
定休日 無休
予算 5,000円
[2016年9月訪問]

Keiko Spice(けいこ すぱいす)
東京都生まれ。得意なディスティネーションはハワイと香港。普段は3日に1回のペースで焼肉を中心とした食生活。別名「肉の妖精」。

 

Column

新店来訪! 美味しい出会いに一番乗り

ニューオープン、シェフやメニューが変わった店、面白い企画を立ち上げた店……などなど、なにかと「新しい」店を一番乗りで紹介するページ。「美味しい出会い」にご注目ください!

2016.10.03(月)
文・撮影=Keiko Spice