今日の絶景

今日の絶景

ルーマニアの陽気で楽しい墓地には
カメラ片手に観光客が詰めかける

Magnificent View #1087
メリー墓地(ルーマニア)

(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ルーマニアの北部にあるサプンツァ村には、アクセスが不便にもかかわらず、多くの観光客が訪れる場所がある。そこはなんと、墓地。その名も「陽気で楽しい墓地」だ。

 ここが一般的な墓地と大きく違うのは、どの墓碑もカラフルにペイントされていること。かわいらしいタッチで描かれているのは、故人の人生。生前の職業や得意だったもの、好きだったものが表現されている。

 この風変わりなお墓ができたのは、1935年のこと。木彫職人のスタン・イオン・パトラッシュが故人を偲ぼうと、墓碑に生前の生活や職業、趣味などを刻んで色をつけたのが始まりだという。以来、彼は愛する人を失った村人たちが悲しみを乗り越えられるようにと、カラフルな墓を作り続けた。

 パトラッシュ亡き後も、弟子たちが墓碑作りを継承。生き様を記したポップなお墓は、村の名物となっている。

2016.09.21(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ