Magnificent View #1009
サンアンドレス島(コロンビア)

(C)Jose Luis Stephens / Masterfile / amanaimages

 七色の海を持つ島と呼ばれているのが、南米コロンビアの本土から700キロほど離れた海上に浮かぶサンアンドレス島だ。

 その呼び名にたがわず、透き通るようなブルーやエメラルドグリーン、紺碧の青……など、場所によって海の色はさまざまに変化する。

 この島がイギリスの清教徒たちによって発見されたのは1629年のこと。以降、イギリスやスペイン、オランダなど各国に支配され、1991年にコロンビアの領土となった。

 海賊もたびたび上陸し、イギリス出身の海賊王ヘンリー・モーガンもこの島に隠れ基地を作って暮らし、洞窟に財宝を隠していたという伝説がある。

 各国に支配され、海賊も襲来した島の現在は、いたって穏やか。世界ブランドの大型ホテルもなく、海沿いの一般道はゴルフカートで走ることも可能。リゾート地のような豪華さはなく、のんびりとした時間が流れている。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2016.07.05(火)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!