今日の絶景

今日の絶景

野生の豚たちと一緒に泳げる
美しく澄みきったバハマの海

Magnificent View #383
ピッグビーチ(バハマ)

(C) Raymond Forbes / Masterfile / amanaimages

 透明度の高い美しい海に群れをなす野生の豚たち。鼻を海面に出して器用に泳ぐ豚もいれば、気持ちよさそうにぷかぷかと水面に浮かんでいる豚も。

 ここは、「ピッグビーチ」「ピッグアイランド」と呼ばれる無人島。島の正式名称はビッグ・メジャー・ケイというが、野生のブタが暮らしていることから、地元ではこのユニークな名で呼ばれている。

 なぜ、島に野生の豚が棲むようになったのか。「船乗りたちが食料として置いていった豚が野生化した」、「嵐で船が難破してしまい、そのとき船に乗っていた豚たちがこの島に泳ぎ着いた」、「近くの島から逃げ出した豚が泳いでこの島に辿り着いた」など諸説あるが、正しいことは分かっていない。

 いずれにしろ、地元の人から餌をもらい、美しいビーチで不自由なく暮らす豚たちはとても幸せそう。そして「犬かき」ならぬ「豚かき」で人間を迎えてくれる彼らは大人気。観光客も多く訪れているが、人間を恐れることなく、一緒に泳いだり、浜辺で日光浴をしてくれるのだという。

2014.10.18(土)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ