和モダンな宿でいただく極上の“ふく”尽くしに陶酔

王道の鉄刺「ふくさし」

 海の高級幸といえば、ふぐ。ふぐ処といえば、山口県。冬の味覚「ふく(福に通じるとして山口県ではこう呼ぶ)」を宿泊代込みでも1万円台でいただける「てしま旅館」は、別名「ふく旅館」と呼ばれ、そのもてなしに毎回うっとりさせられるリピーターも多い。

ゴマダレに漬け込んだ、ふぐの外皮と身皮を鉄板で焼いて食べる「ふくの鉄焼」

 淡泊な中にも繊細な風味を1人1皿堪能できてしまうふく刺し、鍋、揚げ物など、てしま旅館流の「福ふく会席」プランは、ふくの身がしまって旨味が増す10月中旬~3月下旬まで楽しめる。

<次のページ> 山口の隠れた名産、車エビをたっぷり使ったプランも

2011.12.25(日)
text:Yuko Harigae / Ritsuko Oshima(Giraffe)
photographs:Bungeishunju

CREA 2012年1月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この記事の掲載号

アジアの溜め息リゾート

CREA 2012年1月号

すぐ手に入る“非日常”感!! 次に狙う旅先は
アジアの溜め息リゾート

特別定価 650円(税込)

驚きの神ワザ! スパの聖地“バリ”へ
タイ 秘境でテントに泊まる
1万円台で泊まる日本の宿

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!