今日の絶景

今日の絶景

セーヌ川と大西洋が出会う河口近くで
エレガントな姿を見せる巨大吊り橋

Magnificent View #969
ノルマンディー橋(フランス)

(C)Ben Seelt / Masterfile / amanaimages

 フランスのブルゴーニュ地方からパリを経由し、大西洋に注ぐフランス第二の大河セーヌ川。その河口付近に架かるのが、ノルマンディー橋だ。

 長さは2143メートル。支柱から支柱までが856メートルあり、1995年の完成当時は、二つの橋脚の間の距離が世界最長を誇る斜張橋でもあった。その記録は1999年に日本の多々羅大橋に破られるが、現在、両橋は姉妹橋となっている。

 橋の北側には近代都市ル・アーヴル、南側には印象派絵画の題材にもなった港町のオンフルールがある。橋が完成する以前、双方の街を行き来するには12キロ上流のタンカルヴィル橋を渡らなければならず、時間も45分ほどかかっていた。だが、現在は15分と大幅に短縮。

 その利便性もさることながら、白と青、グレーを基調にしたモダンな姿は、デザイン面でも好評。周囲の景観にもしっくりと溶け込んでいる。

2016.05.26(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ