今日の絶景

今日の絶景

ガロンヌ川に架かる美しい橋が
トゥールーズの夜景に彩りを添える

Magnificent View #874
サンピエール橋(フランス)

(C) Allan Baxter / Masterfile / amanaimages

 フランス南西部にあるトゥールーズは、赤いレンガ造りの建物が立ち並ぶ美しい都市。その鮮やかな景観から、「バラ色の街」とも呼ばれている。

 この街の美しい風景を構成しているもののひとつが、ピレネー山脈を水源とするガロンヌ川だ。川にはいくつかの橋が架かり、なかでも知られているのが、サンピエール橋。完成は1987年と比較的新しい橋だが、歴史ある街の中にしっくりと溶け込んでいる。

 サンピエール橋の奥に見えるドーム屋根の建物は、ラ・グラーヴ病院に付属するサンジョゼフ礼拝堂。トゥールーズは中世、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラをめざす巡礼たちの休息地だったことから、街には多くの施療院やキリスト教施設があった。この病院は、現存する当時の施設のひとつ。

 フランスで最も夜の美しい街に選ばれたこともあるトゥールーズ。日没後はサンピエール橋もライトアップされ、バラ色の昼とはまた違った景観を見せている。

2016.02.21(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ