CREA厳選! イケメン青田買い

CREA厳選! イケメン青田買い

映画『オオカミ少女と黒王子』で
山﨑賢人の親友役を好演した横浜流星

 八田鮎子による人気コミックを映画化した『オオカミ少女と黒王子』で、主人公・恭也の親友・健を演じた横浜流星。ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」を経て、さらなる飛躍を目指す彼の意外な素顔に接近する。

幼い頃の夢は、K1選手としてリングに立つこと

――一度聞いたら忘れられないお名前は、本名ということですが。

 「自信を持って輝いてほしい」という意味で、父に付けてもらいました。オーディションに行くと、必ず「珍しい名前だね」「芸名ですか?」と言われますし、「一度聞いたら忘れられない」とも言っていただけるので、そういうときは名前で得しているのかな? と思いますね。

――小1のときから習っている極真空手では、数々の優勝記録を持っているそうですが、なぜ極真空手だったのでしょうか?

 小1のときに、両親から「何か習い事をしてみないか?」と言われて、サッカーや野球、水泳など、いろんなスポーツを体験したんです。それで、自分で空手を選びました。あくまでも体験だったので、型とか基本的な動きしかやらなくて、どこか楽しそうだったんです。つまり、肝心な組手をやらなかったんですよ(笑)。最初はとにかく痛くて辛かったですが、初段を取り、世界大会で優勝することもできました。

――その後、小6のときに、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、事務所に所属されたそうですね。

 家族4人、原宿でショッピングしたのは初めてだったのですが、そのときに今の事務所の方にスカウトされました。特に映画やドラマが好きだったわけでもなく、芸能界への興味もあまりなかったのですが、学校では体育委員をやっていて、体育祭などではどこか目立ちたがり屋なところもあったので、「ひょっとしたら、TVに出られるかも?」という興味本位な気持ちはありました。でも、その頃は魔裟斗選手やブアカーオ選手に憧れていて、将来の夢はK1選手で、いつかリングに立ちたいと思っていたんです。

<次のページ> 「トッキュウジャー」学校での1年間

2016.05.13(金)

文=くれい響
撮影=山元茂樹

同じテーマの記事

もっと見る

CULTURE} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ