いろいろ京都の泊まり方 日常を忘れる最高の宿

いろいろ京都の泊まり方 日常を忘れる最高の宿

京の奥座敷で評判の和のオーベルジュ
湯の花温泉「翠泉」が身も心も温める

 憧れの超ラグジュアリーホテルや生まれ変わった山の上のリゾートホテル、さらには料理自慢の温泉宿から、できれば秘密にしておきたい数室のみの町家宿、海外からのリピーター続出のニューカマーまで。

 ここ3年の間にオープンした、個性豊かな4軒をご案内。自分にぴったりの京都ひとり旅スタイルを見つけよう。

» 第2回 八条西口「SAKURA TERRACE THE GALLERY」
» 第3回 新町五条「御旅宿 月屋」
» 第4回 嵐山「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」

◆ 翠泉 <亀岡・湯の花温泉>

センスあふれる京料理と心地よいもてなしが融合

広々としたバルコニーに清々しい檜の露天風呂付きのダブルベッド和室。

 京都市内から1時間以内という好アクセスの温泉郷・湯の花温泉に一昨年春、新進気鋭の鈴木吉寿料理長を迎え、和のオーベルジュを謳う温泉旅館としてオープン。センスあふれる京料理と心地よいもてなしが評判を呼んでいる。

 華やかな会席は「一品ごとに驚きと喜びを感じてもらえるように」と趣向を凝らしたもの。さらに、長期滞在の場合は、料理長自らが会話の中で何を食べたいかを尋ね、献立を一から考えてくれるというこまやかさだ。朝夕とも個室の食事処でゆっくりいただける。

左:森林に囲まれたはなれの貸切露天風呂。
右:秋の特選献立はこの一盛から。椀、鍋、デセールまで目にも麗しく(写真は2人前)。

 全室シモンズベッドを配した和モダンな客室と静かな山間の露天風呂に加え、館内のスパでは、アーユルヴェーダの気持ちのよいオイルマッサージも。武将が傷を癒したという湯の花のお湯で、身も心も温めて。

翠泉
所在地 京都府亀岡市稗田野町芦ノ山イノシリ6-3
電話番号 0771-22-7575
料金 1室1名利用 30,000円~(税込・2食付)
URL http://www.kyoto-suisen.com/
※11月は客室の1名利用は不可、カード利用可、JR亀岡駅から送迎バスあり

<この記事の掲載号>

CREA 2015年11月号

食べて、遊んで、秋の旅
京都ひとりガイド

定価780円

2015.10.07(水)

text=Yoko Fujii
photographs=Mariko Taya

※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

CREA 2015年11月号

同じテーマの記事

もっと見る

FEATURE

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ