今日の絶景

今日の絶景

無数のろうそくの灯に浮かび上がる
ヨルダンの遺跡の幻想的な光景

Magnificent View #741
ペトラ遺跡(ヨルダン)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ペトラ遺跡は、紀元前2世紀頃、遊牧民ナバタイ人が築いたとされる都市の跡。ペトラとはギリシャ語で「岩」を意味するとおり、すべての建造物は柔らかな砂岩を削って造られている。

 交易の要衝でもあるここが最盛期を迎えたのは1世紀初頭。だが、106年、ローマ帝国に征服され、衰退の一途をたどる。さらにその後、2度の大地震に見舞われ、壊滅状態に。以降、都市は長く砂に埋もれ、人々の記憶からも忘れ去られていたが、19世紀前半、スイス人のイスラム学者によって発見された。

 広大なエリアの中には、宝物殿や王の墓、谷底を這うように張り巡らされた岩の回廊などが点在。目下、発掘作業中だが、いまだ全体の1%しか解明されていないという。ここは映画『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』の舞台にもなっているが、謎の多い遺跡群の中を歩くのは、まさに探検家気分でもある。

 ご覧の風景は、週に3回、日没後に行われる「ペトラ・バイ・ナイト」の様子。ろうそくの灯に浮かび上がる遺跡は、まるで映画のワンシーンのように幻想的だ。

2015.10.11(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ