ラッキーが続いた世界一周のフィナーレ!

和朝食は、先付のいくら、小鉢三種(鰻と胡瓜の酢の物、卵焼きと海老、鶏肉と野菜の焚き合わせ)、台の物の鱈味噌焼き、炊きたてのご飯、味噌汁、香の物。久しぶりの炊きたてご飯が胃袋と心に浸みた。ちなみに洋朝食は、フルーツプレート、プレーンヨーグルト、フレンチトースト蜂蜜添え、マリネ野菜のサラダ、モーニングブレッドだった。

 短いながらも深い眠りの後は、朝食。アラカルトを選ぶこともできるが、和朝食、洋朝食の、2種類のセットメニューが用意されていた。暫く日本を離れていたこともあり、迷わず和朝食をチョイス。なんといっても、JALの売りのひとつ、機内で炊く熱々のご飯をいただくことができるのだから。

 実は、行きのニューヨーク便に乗ったときに、リラクシングウェアとともに持ち帰りたかったものがあった。ユニバーサルデザインの檜葉(ヒバ)の箸だ。旅の最初に荷物を増やしたくなかったので、帰国便のときにいただこうと楽しみにしていた。が、形状が違う! なんと、懐石料理にも使われる利休箸に変わってしまっていた! 檜葉の香りが強すぎるという理由だとか。在庫ももうなくなってしまったと。

ワインボトルに入った高級青茶ロイヤルブルーティーの、クイーン・オブ・ブルー。

 「あー、残念!」と、かなり残念がってしまったら、暫くして、CAさんが、「お箸をご用意できなかったので、ぜひこちらを」と、同じくユニバーサルデザインのマグカップをくださった。

 「あー、実はコレも気になっていたんです!」。思わぬギフトですっかりハッピーな気持ちにしていただいたのだった。

 食後には、楽しみにしていた高級青茶を1杯。ワインのようなボトルに入った、ロイヤルブルーティーの、クイーン・オブ・ブルー。厳選した手摘み茶葉を使って3~5日かけて抽出してボトリングしたお茶だ。淹れたてではないのに、香り豊かで、ワイングラスでいただくと香りが立って、味も香りも楽しめる。

8席にふたりしかいなかったので、写真撮り放題(笑)。朝の機内はこんな感じ。
明るいシートをもう一度。名残惜しくてたくさん写真を撮ってしまった(笑)。

 ファーストクラスに乗っていると、ほんとうに時間が短く感じられる。成田がどんどん近づいていた。明るい機内をもう一度撮影。明るくなってから撮ろうと思っていたアメニティをテーブルに広げたり、動画を撮ったりして大忙し。CAさんに「そろそろお席に……」と心配される始末(笑)。でも、暗いときにはライトを持ってくださったり、ワインボトルを並べてくださったり、撮影に細々と協力してくださって、ほんとうによくしていただいた。

左:食事を片づけるとテーブルはスライドしてもとの位置に。最後に自撮り?(笑) モニター画面に映っている私は、まだリラクシングウェアのままだけどお許しを~。
右:スリッパはふかふかのパイル地。靴ベラも付いている。
アメニティポーチは、日本発便と日本着便では、同じロエベでもデザインが違う。日本着便のほうはシックな色合い。中身は行きのニューヨーク便のものよりも少し少なめ。左は、ニューヨーク便と同じ内容の、資生堂の高級ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」のスキンケアセット。クレンジングとクリーム、シートマスクなど。右のポーチの中身は、アイマスク、ブラシ、耳栓、リップクリーム、ロエベの香りのおしぼり、歯ブラシと歯磨き粉、ティッシュ、アグア・デ・ロエベのオー・ド・トワレ、モイスチャーマスク(耳にかけて口を覆うためのマスク)。

 成田に着いたとき、CAさんが私の手荷物を持ってくださった。「あれ? 自分で持っておりないといけないのにどうして?」と思っていたら、ドアのすぐ外に地上係員の方が待機していた。CAさんから私の荷物を受け取ると、「お疲れ様でした。こちらへどうぞ」と。先導してくださる。それは、噂に聞いていた、ファーストクラスの搭乗客の中でも、VIPだけに提供されるアテンドサービスだった! でも、世界一周航空券の場合はなかったはず。

 聞くと、「フライトが遅れたので、できる限りのサービスをさせていただきます」とのこと。そのまま、入国審査のカウンター以外はずっとアテンドしてくださり、バゲージクレームでは私の大きくて重いスーツケースと、増えてしまった段ボールをカートに載せて、宅配便の発送も手伝ってくださり、成田エキスプレスの改札口まで送ってくださった。私に限っていえば、今回のディレイは、何もかもがラッキーとなった。そして、最後まで思い出深い旅のフィナーレとなったのだった。

 ちなみに、2015年10月24日までは、使用機材の変更によりJALのジャカルタ便にはファーストクラスがない。東回りのアジアからの帰国便は、他社のファーストクラスかJALのビジネスクラスを選ぶことになるのでご注意あれ。

 次回は番外編、お得なノウハウ満載なのでお楽しみに!

JAL(日本航空)
URL http://www.jal.co.jp/

たかせ藍沙 (たかせ あいしゃ)
トラベル&スパジャーナリスト。渡航130回超・60カ国超、海外スパ取材230軒超、ダイビング歴800本超。日々楽しい旅の提案を発信中。著書は『美食と雑貨と美肌の王国 魅惑のモロッコ』(ダイヤモンド社)、薔薇でキレイになるためのMOOK『LOVE! ROSE』(宝島社)など。楽園写真家・三好和義氏と共著の『死ぬまでに絶対行きたい世界の楽園リゾート』(PHP研究所)が4刷、台湾版も好評につき、中国版出版制作中! 第2弾『地球の奇跡、大自然の宝石に逢いに… 青の楽園へ』好評につき、こちらも中国版出版決定!
Twitter https://twitter.com/aisha_t
ブログ http://ameblo.jp/aisha
「たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周」Facebook
http://www.facebook.com/WRT.by.FirstClassFlight

Column

たかせ藍沙のファーストクラスで世界一周

ファーストクラスで世界一周だなんて手の届かぬ高嶺の花かと思いきや、実はちょっとの工夫でリーズナブルに実現することができるんです。アマゾン川、マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナミブ砂漠、南アフリカ、オーストラリア、香港、インドネシア……。トラベルライターのたかせ藍沙さんが体験したとっておきの旅を、ここに公開!

2015.10.02(金)
文・撮影=たかせ藍沙