Magnificent View #660
サンジバル島(タンザニア)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 タンザニアの東海岸から約35キロ離れたインド洋に浮かぶザンジバル島は、19世紀に東アフリカの貿易拠点として栄えた場所。その昔、オマーン国王もその美しさに惹かれて王宮を置いたというこの地には、風光明媚な景色が広がっている。

 島のシンボルは、エメラルドグリーンの海と白い砂浜、そしてアラブとアフリカ、ヨーロッパの文化が混ざり合う美しい街並み。なかでも、島の中心地であるストーンタウンには、オマーン文化の名残である白塗り壁の建築物が良好な状態で残され、「アラブとアフリカが出会う島」とも言われている。

 また、かつてイギリスの植民地だったこの島は、伝説のロックバンド「クイーン」のヴォーカル、フレディー・マーキュリーの生誕地としても有名。彼の名を冠したカフェには、世界中からファンが集まってくるのだという。

Column

今日の絶景

この広い地球上には、まだまだ知られざる素晴らしい景色がある。思わず息を飲んでしまう雄大な自然、ミステリーにあふれた驚きの奇観、そして、人間の文明が刻んだ偉大な足跡……。ここに、選りすぐりの絶景をお届けします。さあ、ヴァーチャルな世界旅行へと出かけよう!

2015.07.22(水)
文=芹澤和美

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!