今日の絶景

今日の絶景

アフリカの湖に住む子連れの魚が
危機を察した時に取る驚きの行動とは

Magnificent View #562
マラウイ湖(マラウイ)

(C) Albert Normandin / Masterfile / amanaimages

 マラウイ湖は、アフリカ大陸で3番目に大きな湖。長さ560キロ、幅は最長で75キロ、面積は四国の1.5倍にも達する。あまりにも大きく、タンザニアとモザンビークにもまたがっているが、よく知られているのは、世界遺産にも登録されているマラウイ側のエリアだ。

 この湖の魅力は、固有種を含め、800種以上のシクリッド科の魚が生息しているということ。なかでも、危険を察すると親が子どもを口の中へ避難させるという習性を持つアフリカンシクリッドは、生命の進化を解明する上で重要な希少種とされ、自然科学者たちの高い関心を集めている。

 300万年前、大地の裂け目に水が溜まることで、マラウイ湖は生まれた。現在、湖に生息しているシクリッドの起源は、その時に隣のタンガニーカ湖から流れ込んだ、たった1種の魚だという。

 その環境から、「湖のガラパゴス」とも呼ばれるマラウイ湖。海かと錯覚するほどの美しいビーチもあり、大人のリゾート地としても人気を集めている。

2015.04.15(水)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ