たかせ藍沙の ファーストクラスで世界一周

たかせ藍沙の ファーストクラスで世界一周

チリからイギリスを経てナミビアへ
6フライト乗り継ぐ大移動で大ピンチ!

 ファーストクラスで世界一周だなんて手の届かぬ高嶺の花かと思いきや、実はちょっとの工夫でリーズナブルに実現することができるんです。アマゾン川、マチュピチュ、ウユニ塩湖、ナミブ砂漠、南アフリカ、オーストラリア、香港、インドネシア……。トラベルライターのたかせ藍沙さんが体験したとっておきの旅を、ここに公開!

南米のチリからアフリカ南部のナミビアまで、3日がかりで6フライトを乗り継ぐ大移動。その最後は、ナミビアの首都ウィントフックからナミブ砂漠までの10人乗りのプロペラ機。操縦席と乗客の搭乗席に仕切りはない。キャプテンにお願いして副操縦席に座らせてもらったら見晴らしが抜群で、アフリカの大地をパノラマビューで眺めることができた!(撮影=たかせ藍沙)

もう間に合わない! そのフライト、待って~!!

テムコからチリの首都サンチャゴまでの国内線はスカイ航空。この路線は別途購入。距離も短いのでエコノミークラスで。

チリのパタゴニア地方での取材を終え、次なる目的地への移動が始まった。移動先はアフリカのナミビア。世界一周でもっとも行きたかった場所、ナミブ砂漠を目指し、ロングフライト2本を含む6フライトで、5カ国にわたる大移動だった。

 ルートは次の通り。チリのテムコ→サンチャゴ→ブラジルのリオデジャネイロ(機中泊)→イギリスのロンドン(機中泊)→南アフリカのヨハネスブルグ→ナミビアのウィントフック→ソススフレイ。移動前日にテムコで1泊する必要があるので、3泊3日がかりとなる。

 まずは、朝のフライトでチリのテムコから首都サンチャゴへ。最初のトランジットで事件が起こった。ここではチェックインし直す必要があるのに、それとは別に発券カウンターに行く用事があった。荷物をピックアップして発券カウンターへダッシュ!

 チェックインカウンターは目の前なので、当初は安心していた。ところがカウンターでは処理ができず、航空会社のオフィスに電話して手続きをすることに。カウンター内の方が電話で担当者を見つけて電話口まで呼び出してから、受話器を渡してくれた。本社の担当者とあれこれやりとり。これに予想以上の時間がかかった。

 出発時刻まで1時間を切ろうとしていた。アッパークラスのチェックインとはいえ、そろそろマズイ! 電話を預けてチェックインしようにも、発券カウンターは無人になってしまって、呼んでも誰も来ない状況に。電話の相手は「レファレンスナンバーをあげるからもう少し待って」と言ったきりで保留音が鳴るばかり。固定電話だから動けない。「先にチェックインするべきだった!」と後悔した。

 こんなとき、1人で行動していると本当に困る。「ああ、ここに誰かがいてくれたら~!」と冷や汗状態に。やっと手続きが終わってチェックインカウンターに急ぐと、その手前で止められた。「このフライトのカウンターはもうクローズ」と。「ええっ! ファーストクラスなのよ、何とかならないの!?」と言っても表情ひとつ変えずに中に入れてくれない係員。「がーーーん!!!」。この先の5フライト、ドミノ倒しで乗れなかったらどうしよう!

 がっくり肩を落として、再び発券カウンターへ。今度は先ほどの若い男性ではなく、かなりデキそうな年配の女性が座っていた。「乗り遅れたの」と途方に暮れた私がeチケットを手渡すやいなや、彼女は真剣な顔つきでパソコンのキーボードを連打し始めた。その20分ほどの時間が、2時間にも3時間にも思えた。その間ずっと、もし飛べなかったらどうするか、頭の中でぐるぐるとシミュレーションしていた。

全身冷や汗な事件が一段落し、出発時刻まで余裕ができたのでラウンジへ。シャンパンで心を落ち着かせようと一気飲み(笑)。

 すると、ふいに女性が顔を上げて言った。「サンパウロ経由で手配し直したわ。大丈夫、ロンドンからのフライトには間に合う」。新しいeチケットをプリントする音。しかも、変更手数料も一切不要! ファーストクラスが1本ビジネスクラスにダウングレードしたものの、もう、彼女を抱きしめてキスしたいくらいの気持ちだった! 空港ラウンジも取材しようと、トランジットに余裕があるスケジュールにしていたことが幸いしたのだった。

 この後に分かったのだけど、ビジネスクラス以上のチェックインカウンターはひとつ上のフロアにあって、チェックインも手荷物検査もまったく待たなかった。最初にここに来ていれば間に合ったかもしれない。サンチャゴを利用する方、ぜひこちらをご利用あれ。さて、冷や汗を拭き拭き、気を取り直して次の移動へ!

ブラジルの翼、タム航空のビジネスクラスシート。広さも充分でかなり快適だった。
機内安全ビデオがアニメーション。キャラクターがかわいい!
赤身肉が主食の国、ブラジルの航空会社なので、機内食はビーフをチョイス。やわらかくて美味しい。
約4時間という中距離フライトなので、アメニティは少ない。ビニール袋にこれらが入っていた。大きな袋、隣の席の方は靴を入れて使っていた。
サンパウロの夜景が見えてきた。代替のフライトが見つかって本当によかった!!
サンパウロからロンドンまでのタム航空ビジネスクラスのアメニティ。ポーチのデザインがいい感じ。でも、よく見ると、カミソリとシェービングクリームが。これ、もしかしたら男性用? 写真を見ていて気がついた(笑)。シートは同じだけれどナイトフライトなのでシートをフラットにして横になって休んだ。ブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラスの予定だったけれど、もう、乗れただけ有り難かった!

<次のページ> 女王様の国のファーストクラスラウンジは凄い!

2015.07.10(金)

文・撮影=たかせ藍沙

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ