梅雨に入り、洗濯や布団干しに苦労している人、多いのではないでしょうか? お日様が恋しい季節こそ、最新家電の力を借りてジメジメと“さようなら”しましょう。今回は、梅雨対策にぴったりなアイテムを3つセレクトしました。

部屋干し派におすすめ! 360度送風でカラッと乾燥

 雨が続くと気になるのが部屋干し。部屋干しをすると、衣類が乾くまでに時間がかかり、生乾きのニオイがするのも嫌ですよね。そんな人に最適なのが、象印マホービンの衣類乾燥除湿機「サーキュレート ドライ RJ-XA70」。

象印マホービン「サーキュレート ドライ RJ-XA70」
オープン価格(実勢価格約37,500円/税抜・以下同)
※ゼオライト式。1日7リットルの除湿が可能(タンク容量は2.8リットル)。
URL http://www.zojirushi.co.jp/syohin/dehumidifier/sp_contents/

 部屋干しの衣類を素早く乾燥させるために、部屋の空気を丸ごと乾燥させるという発想で誕生したのがこの商品。「360°送風オートスイングルーバー」を採用し、送風口がぐるりと回転しながら部屋の空気を乾かします。

 送風幅は、60度、90度、180度、360度の4種類。洗濯物が少ないときは、送風幅を狭くし、洗濯物がたっぷりあるときは、360度にして、部屋全体の空気を乾燥させましょう。約2キロの洗濯物を約50分で乾かすことができるので、急いで衣類を乾かしたい時に便利ですね。

 風向きは、上下方向90度、上方向60度、下方向30度に調節可能です。高いところに干した衣類を乾かす時は上方向60度、低い位置に干した衣類は下向き30度、たっぷり干した時は上下方向90度と風向きが選べます。

 さらに、部屋干しのニオイを低減する「ナノプラチナ乾燥」にも対応しています。

 一般的に衣類乾燥除湿機は室内の湿度を軽減させるもので、部屋を冷やすことはできません。ゼオライト式という構造の商品は、除湿の際にヒーターなどの熱を使うので、室温が若干上がることを覚えておいてください。

<次のページ> 濡れた靴も乾かせるふとん乾燥機とは?

2015.07.03(金)
文・撮影=にしかわゆみこ

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!