今日の絶景

今日の絶景

カラフルな家々が山腹を埋め尽くす
エクアドルの首都キトの街並み

Magnificent View #603
キト(エクアドル)

(C) R. Ian Lloyd / Masterfile / amanaimages

 キトは、エクアドルの首都にして、人口200万人を越える南米有数の大都市。街はアンデス山脈の中腹、標高約2800メートルに位置している。

 紀元前から栄え、一時はインカ帝国第二の都市となり、スペインの植民地下だったこともあるこの街には、歴史的な建築物が多く残されている。16世紀には南米大陸におけるキリスト教布教の拠点だったことから、「アメリカ大陸の修道院」の異名を持っていたことも。

 旧市街は「キトの市街」として、1978年、世界で最初の世界遺産にも登録された。スペインの植民地時代の16世紀に築かれた教会やコロニアルカラーの家が連なる街並みは、まるで中世ヨーロッパのよう。

 富士山の7合目とほぼ同じ高さにあるため、赤道直下にありながら一年を通じて過ごしやすいこの街。観光のアカデミー賞ともいえる「世界トラベル・アワード2014」では、中南米部門で重要な旅行先の第1位に輝いている。

2015.05.26(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ