今日の絶景

今日の絶景

童話作家アンデルセンも暮らした
コペンハーゲンのカラフルな港町

Magnificent View #426
ニューハウン(デンマーク)

(C) Robert Harding Images/ Masterfile / amanaimages

 運河に沿ってカラフルな木造家屋が並ぶ、コペンハーゲンのニューハウン。まるでおとぎ話の中に迷い込んでしまったかのような風景は、絵ハガキにもたびたび使われている。

 ニューハウンは、市街地が拡大する17世紀、国王クリスチャン5世によって建設された港町。かつては船乗りたちで賑わっていたものの、1900年代初頭には一度廃れ、ギャンブラーがたむろする悪名高き場所だったこともある。

 そんな街も、現在はオープンカフェやレストランがずらりと並ぶ美しいエリアに大変身。童話作家のアンデルセンが暮らした赤い家も残され、人気の観光地となっている。

 ここでのなによりの楽しみは、テラス席に座ってのんびりと過ごすこと。晴れた日はなおのこと心地よく、デンマークのビール、カールスバーグも進んでしまうのである。

2014.11.30(日)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ