今日の絶景

今日の絶景

ポルトガルという国名の由来となった
港町の趣深い歴史地区は世界遺産

Magnificent View #589
ポルト(ポルトガル)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 ポルトガル北部にある美しい港町ポルトは、首都リスボンに次ぐ、この国第二の都市。ご覧の風景は、ドウロ川沿いの丘の上に広がる古い街並みは、「ポルト歴史地区」として世界遺産にも登録されている。

 旧市街を歩いて目にするのは、川の両岸にへばりつくようにして建つ、白壁にオレンジ屋根の家々。路地裏に迷い込めば、洗濯物を干す軒下に遊ぶ子どもたちの声が響く、のんびりとした光景が広がっている。

 いかにもポルトガルらしい旅情を誘うこの街の歴史は古く、起源は5世紀以前にまでさかのぼる。ローマ時代には貿易で栄え、ポルトゥス・カレ(カレの港)と呼ばれていた。ポルトガルという国名は、当時の呼び名に由来するのだという。

2015.05.12(火)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ