今日の絶景

今日の絶景

ガタゴトと路面電車が行き交う
ノスタルジックなリスボン旧市街

Magnificent View #535
アルファマ地区(ポルトガル)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 15~16世紀の大航海時代に繁栄を築き、西ヨーロッパでもっとも美しい街と称えられたたリスボン。かつて隆盛を極めたこの街は今、郷愁に満ちた情景に包まれている。

 リスボンの中でも、ノスタルジックな色をより濃厚に感じるのが、旧市街のアルファマ地区だ。小高い丘に沿って張りめぐらされた狭い路地には石造りの家がひしめき合い、街はまるで迷路のよう。

 かつて貴族階級が暮らしていたこの一帯は、一瞬にして街が崩壊した1755年のリスボン大地震で奇跡的に被害を免れ、以来、中世の面影を残す街並みになったのだという。

 すれ違うのは、石畳の小道をガタゴトと音をたてて走る路面電車。日没を迎えた路地裏に響くのは、哀愁漂うポルトガル民謡ファドの音色。ときには迷路に迷いながら歩くのが、アルファマ地区散策の醍醐味でもある。

2015.03.19(木)

文=芹澤和美

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ