都会での忙しい日々に疲れたとき、心とからだのパワーチャージにおすすめしたいのが、鹿児島県の奄美大島。鹿児島空港でのトランジットが便利なうえ、羽田からは直行便もある。

 手つかずの自然がいまも残る奄美には、圧倒的なエネルギーを感じるスポットがたくさん。白砂のビーチでのんびり過ごしたり、カヌーでマングローブの林を探検してみたり。日ごろ頑張っている自分へのご褒美に、大島紬の着物を誂えてみるのも記念になるはず。お腹がすいたら山海の幸をふんだんに使った島料理でパワーチャージを。

 ほがらかで優しい島人たちと話しながら、ゆったり流れる島時間を満喫しよう。

» 第2回 【アート】日本最大の田中一村コレクション
» 第3回 【グルメ】わずか3室の隠れ家的オーベルジュ
» 第4回 【グルメ】絶対食べに行きたい地元の名店
» 第5回 【グルメ】評判の奄美土産はここで買う!

東京から直行便で2時間強、南国奄美

全国から飛行機、フェリーで行くことができる。鹿児島空港から約1時間。羽田空港・成田空港からも直行便(約2時間20~45分)が飛んでいる。

◆ Keyword_1
Nature【自然】

 北は平地、南は山地という奄美大島の地形は、多様な生態系を抱える東洋のガラパゴス。山地にはシダの生い茂るジャングル、水辺にマングローブ、海岸にはサンゴ礁、とダイナミックな自然と触れ合える。

土盛(ともり)海岸

サンゴ礁が広がる遠浅の海は熱帯魚の楽園

 空港近くにある、地元の人にも人気の白砂のビーチ。道路からは海岸が見えないため、「土盛海岸入口」の看板が目印になる。水際までサンゴ礁が迫り、波打ち際からも熱帯魚の姿が!

<次のページ> 独特の進化を遂げた奄美のジャングル

2015.03.16(月)
撮影=橋本 篤

CREA 2015年4月号
※この記事のデータは雑誌発売時のものであり、現在では異なる場合があります。

この特集の掲載号

きれいな人がしてること

CREA 2015年4月号

パリ、東京、ハワイ、NYの“朝と夜”の習慣
きれいな人がしてること

定価780円

SHARE

この記事が気に入ったら「いいね」をしよう!