言葉尻とらえ隊

能町みね子

「週刊文春」で好評連載中の『言葉尻とらえ隊』がオリジナル文庫として書籍化されました。早速読んでくれた読者から「あのネタがない!」とのご指摘が……。そんなわけで、惜しくも本には掲載されなかった“ボツネタ”の中から復活リクエストの多かったものを集め、「言葉尻ボツネタ祭り」を開催します!

「私インドに行くことにした。―2年。」

全日空「ココロノツバサ。」デリー便 CM

 安藤サクラ(彼女役)が少路勇介(彼氏役)にのんびりと言い放つ。全日空の「ココロノツバサ。」デリー(インド)便のCM。

 信頼し合った新しい関係のカップル像、ということでどうやら世間の印象は良いようですが、……本当ですか? 本当にそう思いますか?

 なぜデリー便のCMはこうなったのか。どうしてもこのCM制作の背景を考えてしまう。

 同シリーズのCMには、ニューヨーク便とヤンゴン(ミャンマー)便もある。3つのCMを見ると、どうやらこのシリーズは、単に旅行でなく何らかの目的で渡航先に長期滞在するというテーマにしたかったようです。

 さて、なぜ安藤サクラは2年もインドに行くのか。彼氏はなぜ一つも質問せず受け入れるのか。全く分からない。

 思うに、インドはいまだに「自分探し」用の国というイメージなんじゃないだろうか。具体的な目標もなく、いつまでもなんとなく「やりたいこと」を探してふらふらしている若者が「インドに行けば何かあるかも」と思ってしまうような。だから安藤サクラには特に目的なんかないのだ。そして、彼女はつきあった頃からこういう突拍子もない不思議ちゃんだったから、彼氏も驚きやしないのだ。

 で、こんな癖の強いヒッピー風の女性を、アイドル的な美形の女優に演じさせても現実味がない。そこで選ばれたのが癖の強い安藤サクラである!

 ということで背景と配役は読めたわけだが、こう見ると、インドのイメージが結局陳腐だ。そりゃかなり特殊な国なんでしょうが、「インド=不思議ちゃんの自分探し」みたいなイメージ、もういい加減古くないか!? もうそろそろインドを解放してやってよ!

 まあ、安藤サクラ=ヨガ講師説をとるのもアリですけどね。

2012/10/4

 

    1 / 1

能町みね子 近況

寒すぎるので、いっそ雪が降ってほしいということで真冬の北海道旅行を計画中です。タイミングよくというか残念ながらというか、「北斗星」がもうすぐ廃止ということでチケットの取り方について調べてみたところ、宝くじの当選より難しそうで途方に暮れています。乗りたかった……

プロフィール

2006年『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ときめかない日記』(幻冬舎)、『雑誌の人格』(文化出版局)など多数。現在「週刊文春」ほか多くの連載を持つ。「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で2014年3月までパーソナリティーを務めたり、「久保みねヒャダこじらせナイト」(フジテレビ)に出演するなど、ラジオ、テレビでも活躍中。

連載コミックエッセイ

もっと見る

ページの上部へ