今日の絶景

今日の絶景

エルミタージュ美術館は
時代とともに外壁の色を変えた

Magnificent View #302
エルミタージュ美術館(ロシア)

(C) Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 こちらは、サンクトペテルブルクのネヴァ川沿いに立つエルミタージュ美術館の本館。大英博物館、ルーヴル美術館と並び称される世界3大ミュージアムのひとつである。

 この堂々たる建物が完成したのは、1762年のこと。女帝エカテリーナ2世をはじめとする代々の皇帝が、冬の王宮として利用した。が、1917年に起こったロシア革命以降、この宮殿は、新政府が貴族から没収した数多くの美術品を収蔵する場所となる。

 外観において印象深いのは、何よりも壁を覆う鮮やかな緑の塗装。しかし、この色に落ち着くまでは変遷があった。誕生時は薄い黄色、その後、薄いピンク、赤茶色、灰色の時代を経て、第二次大戦後の1947年からはご覧の通りの色彩で親しまれている。

 数年前、竣工当初の薄い黄色に復元する計画が浮上したが、反対意見も少なくないという。確かに、塗装ひとつでだいぶイメージが変わりそう。いったいどうなることやら。

2014.07.29(火)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • X BRAND
  • ILTM
ページの上部へ