今日の絶景

今日の絶景

モンティ・パイソンの問題作が
撮影されたチュニジアの要塞

Magnificent View #228
モナスティール(チュニジア)

(C) Alberto Biscaro / Masterfile / amanaimages

 モナスティールは、チュニジア東岸のリゾート地。

 紺碧に輝く地中海、そして燦々と降り注ぐ陽光……。この地は、古くから、ローカルのみならずヨーロッパの人々を魅了してきた。また、この国の独立を指導した初代大統領、ハビーブ・ブルギバの故郷としても知られ、彼とその一族を祀る壮麗な霊廟も設けられている。

 この街のアイコンが、リバトと呼ばれる巨大な要塞。

 8世紀に築かれたこの建物は、その後増築を重ね、現在見られる堅牢な姿となった。屋上からは、旧市街やマリーナなど、モナスティールならではの絶景を見渡すことができる。

 ちなみにこのリバトは、英国の誇るコメディ集団、モンティ・パイソンが製作した映画史上に残る問題作『ライフ・オブ・ブライアン』の撮影場所として利用されている。

2014.05.16(金)

同じテーマの記事

もっと見る

TRAVEL} 新着記事

もっと見る

  • ILTM
ページの上部へ